『サウルの息子』 (C)2015 Laokoon Filmgroup  

写真拡大

第88回アカデミー賞外国語映画賞は、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作でもある『サウルの息子』(ハンガリー)が受賞した。

アウシュヴィッツ収容所を舞台に極限状態における人間の尊厳を描いた作品で、ネメシュ・ラースロー監督は資金を出したハンガリー政府への感謝、「何もないときから信じてくれてありがとう」と関係者への感謝をのべてから、「人間性の保持をテーマにした作品です」と語った。

【関連記事】
『サウルの息子』ネメシュ・ラースロー監督インタビュー
興行成績で占うアカデミー賞/勢いづく最有力候補、監督は65年ぶりの快挙となるか
アカデミー賞ノミネートに見る、映画会社の「勝ち組」「負け組」
こちらもやっぱり白人偏向? アカデミー作曲賞&主題歌賞ノミネート作をざっとおさらい
ノミネートは白人俳優ばかり? Netflix作品もゼロで保守的な傾向/アカデミー賞ノミネート発表
第73回ゴールデン・グローブ賞、ディカプリオ主演作が最多3部門受賞