性同一性障害の主人公男子を熱演する知英 (C)「全員、片想い」製作委員会

写真拡大

元KARAの知英が、切ない恋に苦悩する性同一性障害の“男子”を熱演した映画『片想いスパイラル』が7月2日より全国公開されることがわかった。

元KARAの知英が韓国で凱旋会見。就活中の若者たちにエール!

本作は、ボーイッシュな“イケメン男子”の韓国人留学生ソヨンが、シェアハウスで一緒に暮らすユキ(佐津川愛美)を好きになるが、ユキはソヨンの男友だちの一(TAKUYA)のことが気になる様子。そのことを知ったソヨンは、自分の心とは裏腹に、2人の仲を取り持とうとするというストーリー。知英は、体は女性でも心が男性という性同一性障害の留学生ソヨン役に扮し、男性役に初挑戦している。

この映画で知英は、初のタバコを吸うシーンやケンカのアクションシーンなど役作りのための筋トレも行い、外見だけでなく男性としての心の葛藤をも見事に表現。共演者やスタッフからも、知英演じるソヨンに惚れてしまう人が続出するほど、その演技力で現場を魅了し、周囲を驚かせてきた。

本作での役作りについて知英は「“性同一性障害”という難しい役をやらせて頂くにあたり、自分なりに映画などを見て色々と研究してこの作品に挑みました。タバコを吸うシーンなど細かい仕草まで男性になりきれるよう、普段から注意して男性の動きを観察し、心の部分の役作りは監督と綿密な打ち合わせをして進めました」とコメント。

男性の格好になると、初めはぎこちなかった仕草が自然にしっくりくるようになったそうで、「自分が女性であることを忘れてしまいました。撮影が終わった後も歩き方が男っぽいままで、次の作品で注意されたほどです。家族に写真を送ったら“息子ができた”と言われました。そんな私の新たな一面を見て頂けたら嬉しいです」と話している。

【関連記事】
赤と青の衣装で登場の榮倉奈々&知英、コナン愛を爆発させる!
元KARAの知英、『名探偵コナン』に声優出演が決まり「夢が叶った」
[動画]知英がオフィスマナーに挑戦! 電話応対で言葉が見つからず悪戦苦闘
元KARAの知英(ジヨン)が『暗殺教室』で映画初出演。殺し屋演じる