『ラザロ・エフェクト』 ©2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

映画『ラザロ・エフェクト』が6月11日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

同作は、ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』などの作品を発表しているデヴィッド・ゲルブ監督の新作。死者を蘇らせることのできる「ラザロ血清」の研究に没頭していたフランクが、同僚の研究者で婚約者のゾーイが実験中に命を落としたことをきっかけに、ラザロ血清をゾーイに投与して彼女を蘇らせることに成功する、というあらすじだ。「死者の復活」の領域に踏み込んだ科学者たちが味わう恐怖と共に、生き返った人間が体験する恐怖も描くホラー作品になっている。

主演を務めるのは、『バッド・マイロ!』の製作などに携わっているるマーク・デュプラス。共演者にはオリヴィア・ワイルド、ドナルド・グローヴァー、エヴァン・ピーターズ、サラ・ボルジャーが名を連ねている。