LA郊外のガス漏れ事故は「米国史上最悪の気候災害」

写真拡大

2015年10月に発覚したカリフォルニア州の天然ガス漏れ事故は、2月18日にようやく修復が完了した。10万トンを超えるメタンとエタンが大気中に放出されたこの事故は、「米国史上最悪の気候災害」だと報告された。

「LA郊外のガス漏れ事故は「米国史上最悪の気候災害」」の写真・リンク付きの記事はこちら

カリフォルニア州ロサンジェルス郊外で起きたアライソ渓谷ガス漏れ事故は、おそらく単独では米国史上最悪の温室効果ガス災害だという報告が発表された。

アライソ渓谷にある天然ガス貯蔵施設で発生したこのガス漏れ事故では、10万トンを超えるメタンとエタンが大気中に放出された。ガス漏れは2015年10月23日(米国時間)に発覚したが、修復には2月18日までかかった。

カリフォルニア大学デーヴィス校調査チームの推計によると、大量の温室効果ガスが漏れたこの事故はおそらく温室効果ガスに関しては米国史上最悪の気候災害であり、その影響はBPによる2010年の原油流出事故を上回るという。

地下のガス貯蔵システムへとつながる115本の坑井のうち1本が故障したことでガス漏れが発生した(この貯蔵施設は1970年代に放棄された油田を利用しており、テキサス、アメリカ中西部、ロッキー山脈などからパイプラインによってガスを輸送し貯蔵している。事故が起きたのは直径約18cmのパイプで、深さ約2,600m地点で破損した)。この事故の影響で、住人1万1,000人以上が避難を余儀なくされた。

調査チームは、ガス漏れの風下で収集した空気サンプルを3カ月にわたって分析し、大気中のオゾンが驚くほど高いレヴェルになっていることを確認した。スティーヴン・コンリー率いる同チームの報告によると、このガス漏れによってロサンジェルス盆地全体の排出量が実質的に倍増した。

推計によると、1日に排出されたガスの量は、主要なスタジアム大の風船をふくらませるのに十分な量であり、そのガス漏れが112日間続いた。この事故の影響は自動車50万台が1年間に排出する排気ガスに相当するという。

こうした事故が石油・ガス業界では広く過小報告されているとの懸念を受け、米環境保護庁(EPA)は現在、メタンガス漏れに関する規則の強化に取り組んでいる。

メタンガスは、二酸化炭素と比べて温室効果25倍とされている。さらに2013年の分析では、二酸化炭素以外の温室効果ガスは、二酸化炭素よりもはるかに速く大気中に拡散するという。

関連記事:ペルシャ湾岸地域、高温多湿化で30年後に「生存限界」を迎える可能性

TAG

DisasterGlobal WarmingMethaneNaturalGasWIRED UK