三菱自動車といえば、パジェロやランエボに代表されるAWD(4WD)を思い浮かべる方も多いと思います。冬の北海道を舞台(十勝スピードウェイ駐車場の特設コース)に同社のAWD技術を体感できるプレス向け試乗会が開催されましたのでご報告します。

試乗車は、パジェロスポーツとトライトンという日本市場に導入されていないモデルも含めて、アウトランダーPHEV/アウトランダー(ガソリン)、さらに4WDの制御を進化させたアウトランダーPHEVの試作車、そしてパジェロやデリカD:5も用意されていました。

最近の三菱は軽自動車とPHEVを含む電動車両に注力していて、雪上試乗会の主役もアウトランダーPHEV。

クローズドされた特設コースで、全開加速からのフルブレーキングや多様なコーナーが用意され、雪上といっても場所によっては氷上といえるほど磨かれて、かなり滑りやすい状態になっているコーナーもありました。

20160121OutlanderPHEV_030

アウトランダーPHEVは前後に独立したモーターが配置され、モーターの特性である優れたレスポンスを活かして瞬時にトルク配分が変えられるほか、「TWIN MOTOR 4WD LOCK」を備えているのも特徴。

また、プロペラシャフトが不要なため軽量化に寄与するほか、4WDならではの機械抵抗もなくレスポンスの向上も可能となっています。

アウトランダーPHEVは、AWDシステムを「S-AWD(車両運動統合制御システム)」と呼んでいますが、前後トルク配分、左右トルク配分、横滑り防止装置のASC、ABSを統合制御することで操縦安定性を担保しています。

前後駆動力配分は「0:100」から「100:0」まで可変させることが可能で、雪上でのダブルレーンチェンジや滑りやすい坂道などでの発進などでも威力を発揮。さらに、走行モードを「4WD LOCK」に変更すると、AYCの差動制限力が引き上げられ、前後輪の駆動力配分のレスポンスを向上させることで走破性を高めることができます。

20160121OutlanderPHEV_004

雪上での走りは、前後輪それぞれ60kWのモーターで駆動するアウトランダーPHEVらしく発進時からスムーズで、常識的な速度であれば滑りやすい圧雪路でも安定した走行が可能。

MMC_PHEV_01

なお、装着されていたタイヤは横浜ゴムの「GEOLANDAR I/T-S」というSUV向けのスタッドレスタイヤで、「ジオランダー」史上最高の氷上性能を誇るというもの。

さらに、PHEVのAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)は、ブレーキの制御(左右の駆動力配分はブレーキによってコントロールされる)も入りますからさらに安定感が増し、コーナーなどでも姿勢を安定させることが可能です。

20160121MMC 4WD002

雪上試乗の最後には、メディア対抗のタイムトライアルも行われました。アウトランダーPHEVで滑らないように(スピン、壁ドン)走ろうとしましたが、氷上に近い路面でも安定して走ることができたのはPHEVのS-AWCのおかげでしょう。

20160121OutlanderPHEV_004MMC_PHEV_0120160121MMC4WD_01620160121OutlanderPHEV_04620160121OutlanderPHEV_03020160121MMC 4WD002

(塚田勝弘)

三菱アウトランダーPHEVの雪上(一部氷上)での実力はどうか?(http://clicccar.com/2016/02/29/356559/)