写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2月25日(現地時間)、Microsoftは2016年2月中に行ったOffice 365の更新内容を公式ブログで紹介した。Office 365はWindows 10とは異なり、独自のチャンネル表記を2016年2月から採用したことを発表している。

Windows 10でいうCB(Current Branch)は「Current Channel」、CBB(Current Branch for Business)は「Deferred Channel」、従来は「First Release for Current Branch for Business」と呼び、Windows 10 Insider PreviewにおけるRelease Previewに相当する「First Release for Deferred Channel」に変更した。公式ブログにまとめられた新機能はすべて、Deferred Channelを選択した環境向けとなる。

タッチ機能を備えるデバイス用Officeでは、Windowsタブレット上のインク機能を強化し、印刷した書類に直接描き込むような感覚で使用するツールを用意した。Windows 10/Windows 10 Mobile搭載デバイスでは、スタートメニューにWordの文書ファイルやExcelのワークシートファイル、PowerPointのプレゼンテーションファイル、そしてOneNoteのノートといったOfficeファイルのピン留めを可能にしている。

また、デバイスがカメラを備えている場合、撮影した画像をPowerPoint上でそのまま挿入可能にした。執筆時点ではWindowsおよびAndroid上で動作し、Office team CVPのKirk Koenigsbauer氏は、まもなく同機能がWordやExcelにも展開すると述べている。iOS用OfficeはCSPP(Cloud Storage Partner Program)でパートナーシップを組んだストレージサービスプロバイダーを統合した。以前からDropboxなどが使用できたが、今回改めてBoxが対象サービスとして保存先に加わり、WordやExcel、PowerPointで使用可能。他のストレージサービスプロバイダーは後日発表すると見込まれる。

この他にもExcelの数式補完機能や新しいグラフを追加し、Power BIダッシュボードに直接Excelブックをピン留めする機能、OutlookとOffice 365グループの接続をワンクリックで済むように改善。また、Mac版でもクイックアクセスツールバーのカスタマイズや、PowerPoint用に新たな画面切り替え効果などを加えた。これらの機能は「Office Insider」へ参加することで早期に確認できる。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)