28日、今年は4年に一度のうるう年で、2月は29日まであり、いつもより1日長い。誕生日がうるう年によって変わる不便を回避するため、中国では29日に出産を避ける傾向がある。資料写真。

写真拡大

2016年2月28日、今年は4年に一度のうるう年で、2月は29日まであり、いつもより1日長い。うるう年で気になる点といえばこの日に生まれた人の誕生日で、日本ではうるう年でない年は月の末である28日にすることが多く、実際の誕生日は4年に一度しか来ない。誕生日がうるう年によって変わる不便を回避するため、中国では29日に出産を避ける傾向がある。浙江在線が伝えた。

浙江省杭州市に住む女性は29日に帝王切開手術を受ける予定だったが、うるう年の不便を避けるため手術を早めた。女性は「4年に一度しか本当の誕生日が来ないことは子どもの精神的な負担になるかもしれない」と語っている。

女性の帝王切開手術を行った病院の産婦人科医は、「彼女と同じ考えを持つ女性は少なくない。ここ数日同様の相談が何件もあり、29日を避けてほしいと希望している」と現状を紹介した。ネットでは「4年に一度の誕生日」を特別視する声もあるが、母親にしてみると不安の方が大きいのだろう。(翻訳・編集/内山)