男性が好きだという『愛されぽっちゃり系』の境界線

写真拡大

キレイになるためにダイエットで痩せても、もしかするとあなたの魅力を半減させているだけかもしれません。

愛されぽっちゃりの代名詞・柳原可奈子


男性が本当に好む体型を手に入れるには、痩せるだけじゃいけません。

男性に聞いた「魅力的な体型の境界線」をご紹介いたしましょう!

「最近、なんだか太ったような気がするぅ〜ダイエットしなきゃ!」なんて言っているスレンダーな女子、あなたの周りにもたくさんいませんか?
「全然細いから大丈夫だよ!」と言い合いっこしている女子にも、実は男性はうんざりしています……。

マッチ棒みたいに細いだけの女性の身体に男子は、はっきりいって興味なし!
男性は本能的に、自分の身体にはない、女性の丸みを帯びた身体のラインに魅力を感じるといいます。
男性ウケが良いのは、私たち女性が思っている以上に、ぽっちゃりさん体型だということを、きちんと理解しておきましょう。

さて、ここで問題になってくるのが「ぽっちゃり」の定義です。
いくらぽっちゃり体型が良いといっても、その「ぽっちゃり」の境界線を一歩間違ってしまうと、ただのおデブちゃんになりかねません。

ぽっちゃりの感覚は人によってさまざまですが、男性目線から見た「ぽっちゃり」とはどんなものなのか…?
そこで、どこまでがOKで、なにがNGなのか男子に聞いてみました。

【OKライン】
●手を振ると、二の腕がフルフルする
●下っ腹がぷにぷにして、つかめる(二段腹はNG)
●丸顔
●太股がムチムチしている
●下着の紐などが少し食い込んで、痕が付く

【NGライン】
●ジーンズの上に腹肉がのっている
●二重あご
●足をキレイに組めない
●ブラジャーの紐の上に背中の肉がのって、段ができている
●太股肉が邪魔をして、まっすぐ立ったときに足が開いている

これらを見て分かるように、女性が嫌がっている、お肉のフルフルやムチムチは、男性目線から見ればOKラインに入っています。それどころか、「そこが良い!」と言う男性の声は、意外なほど多数ありました。

いっぽうNGラインには、もっと厳しい声が上がるかと思いきや、それは女性でも見たくはない体型で、NGなのもうなずける内容でした。

男性目線のぽっちゃりとは、女性特有のフルフルやムチムチを残しながらも、しまるところは締まってほしいという見解のようです。

女芸人・柳原可奈子さんは、ネタの面白さもさることながら、女性からも男性からも「カワイイ」と評判です。
ネット上で、「柳原可奈子の体型の魅力」を集めてみると、「愛されぽっちゃり」の定義が見えてきました。

●肌質が良い
「肌もキレイだし、あの子気になってた」
「もちもちしてて、デブだけど固そうじゃない肉質が良い」

ふっくらした脂肪がぽっちゃりの魅力だとすれば、肌質が良いというのも重要ですよね。しっとりと吸い付くような肌になるために、保湿ケアは怠れません!

●メイクが上手い
「デブなのに目が肉に埋まってない。睫毛もバシバシで目ぱっちりだね。
ちっちゃめの唇もピンクグロスでプルプルで可愛い」

肉付きが良いと、どうしても顔のパーツが小さくなりがち。柳原加奈子さんはギャル風のメイクで、目を大きく見せたりするのが上手です。
ピンク系のメイクも、痩せ型の女性よりもぽっちゃりさんの方が似合うでしょう。

●ぽっちゃりのキャラクターを活かす
「太ってても清潔感があっていい。キューピー人形みたいなかわいさ」

太っている=だらしがない、と思われないように清潔感は重要ですね。
また、ぽっちゃりだからこそ到達できるキャラクターもあります。

なるほど、ぽっちゃり体型のNGラインにも気をつけたいところですが、「肌質」「メイク」「キャラクター」でも、愛されぽっちゃりになることは可能のようです。

「太ってきたからダイエットしなきゃ」と焦っているあなた。
ぽっちゃりしているのであれば、それは男を落とす“武器”にもなります。

その脂肪に磨きをかけて、「愛されぽっちゃり」を目指しませんか?

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by slumberingheart