知英が主演映画で初の男性役、タバコ吸うシーンやケンカシーンにも挑戦。

写真拡大

元KARAのメンバーで、女優の知英(ジヨン)が、せつない恋に苦悩する性同一性障害の男子を熱演した主演映画「片想いスパイラル」の公開日が、7月2日に決定した。

知英が演じるのは、留学生のソヨン。この主演映画で初の男性(性同一性障害)役に挑戦し、体は女性でも心が男性という難しい役を演じている。

初のタバコを吸うシーンのほか、ケンカのアクションシーンなどの役作りで筋トレも行い、外見だけでなく男性としての心の葛藤を演技で見事に表現。共演者やスタッフからも知英演じるソヨンに惚れてしまう人が続出するほど、その演技力で現場を魅了し、周囲を驚かせた。

映画はソヨンを中心に、ソヨンが片想いするシェアハウスの同居女性・ユキ(佐津川愛美)と、ソヨンのことが好きな男友達の一(TAKUYA)、その一を好きになってしまうユキ――という三角関係のラブストーリーが繰り広げられる。

本作について、知英は「今回『性同一性障害』という難しい役をやらせて頂くにあたり、自分なりに映画などを観て色々と研究してこの作品に挑みました。タバコを吸うシーンなど細かい仕草まで男性になりきれるよう、普段から注意して男性の動きを観察し、心の部分の役作りは監督と綿密な打ち合わせをして進めました。不思議なもので男性の格好になると、はじめはぎこちなかった仕草が自然にしっくりくるようになり、自分が女性であることを忘れてしまいました。撮影が終わった後も歩き方が男っぽいままで、次の作品で注意された程です。家族に写真を送ったら『息子ができた』と言われました。そんな私の新たな一面を観て頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

なお、TAKUYAは男性グループ“CROSS GENE”で活躍するメンバー。韓国で一番注目されている日本人として、韓国のCMやバラエティにも出演している。また、監督・脚本は、新藤兼人賞・銀賞を受賞した「小川町セレナーデ」の原桂之介が務めた。

映画「片想いスパイラル」は7月2日より全国ロードショー。