中国人旅行客による日本製品の爆買いが注目を集めるなか、中国では一部の愛国者たちが今なお日本製品の不買運動を叫んでいる。中国メディアの捜狐はこのほど、中国の愛国者の観点から「中国人が日本製品を買う必要がない理由」について論じている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人旅行客による日本製品の爆買いが注目を集めるなか、中国では一部の愛国者たちが今なお日本製品の不買運動を叫んでいる。中国メディアの捜狐はこのほど、中国の愛国者の観点から「中国人が日本製品を買う必要がない理由」について論じている。

 記事は最近の中国人旅行客による爆買いの対象が「日本メーカーの日用品」であることを紹介し、日本人の日常生活全域におよぶ製品が対象となっていると指摘。「まさか中国人は日本製品がないと質の高い生活が手に入らないと思っているのか?」と読者に問いかけ、決してそうではないと主張。なぜなら過去と違い、現在の中国には日本製品に取って代わることができる質の高い中国製品が数多く存在するからだと主張した。

 また「日本企業は一級品を日本国内で販売し、二級品を欧米で販売し、三級品を中国で売る」というデマを紹介しつつ、仮にそうだったとしても日本で販売されるいわゆる一級品には実際には使いもしない機能がついており、そのために高いお金を払う必要は全くないと論じた。

 また中国製品には十分な機能があり、アフターサービスも完備しているが、日本で購入した製品が故障したら手軽にアフターサービスを受けることができないうえに、修理に高い費用がかかると指摘。こうした点から「中国製品を選ばない理由はあるだろうか」と読者に問いかけ、愛国者であれば爆買いをやめる十分な理由があると主張している。

 記事は、口先で愛国心を唱えつつも爆買いを楽しむ中国人を戒める内容となっているが、今なお偏狭な愛国心で物事を判断するひとが多いのは極めて残念なことだ。だが、日本を訪れる中国人旅行客が増えていることで、中国国内では報じられない真の日本の姿が、中国人旅行客の声によって広がりつつあることも事実であり、「愛国心がないから日本製品を購入する」という考え方が是正されることを願いたい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)