画像

写真拡大 (全2枚)

 富士通エフ・アイ・ピーは、顧客情報と商品購買情報を掛け合わせたID-POSデータを分析するクラウド型の新サービス「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(バリューフロント アナリティクス)」の提供を、小売業に向けて開始した。

 富士通エフ・アイ・ピーは、顧客情報と商品購買情報を掛け合わせたID-POSデータを分析するクラウド型の新サービス「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(バリューフロント アナリティクス)」の提供を、小売業に向けて開始した。
「ValueFront Analytics」サービスイメージ

 同サービスは、顧客動向分析やリピート分析など、小売業でのID-POS分析に有効な26種類の分析テンプレートを用意したクラウド型サービス。利用者は、データを有効に利活用して、顧客の期待に沿った品揃えやプロモーション施策などに繋げる事が可能となる。

 同サービスは、まず小売業向けのサービスとして提供を開始し、今後、他の業種向けの分析メニューも拡充していく予定。

MarkeZine編集部[著]