2016年モデルにスイッチしたレンジローバー・イヴォークは、昨年秋からすでに販売されており、すでに納車された方もいるでしょう。

とくに印象が変わったのが顔つきで、フロントセクションはフロントグリルをはじめ、ヘッドランプやフォグランプの意匠を変更。

RANGE_ROVER_EVOQUE_02

ヘッドランプの下と両サイドを囲む「U」字型のアクセントが加わり、フロントバンパーもより力強さを感じさせる造形になったことで、キリリとした顔つきになっています。

さらに、冷却性能を高めるというエアインテークの大型化も迫力を増したフロントマスクを印象づけています。

試乗車のインテリアは、アイボリーのシートカラーということもあり、ブラックを基調としたインパネとの対比も印象的で、迷彩柄の「ボタニカル・アルミニウム」というトリムフィニッシャーとの組み合わせもあって個性満点といえる仕上がり。

RANGE_ROVER_EVOQUE_04

ほかにも2016年モデルのイヴォークには、ドライバーのペダル操作なしでトラクションを最適化して車両を一定の速度(1.8km/h〜30km/h)で前進、後退させ続けることが可能な「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」をはじめ、リヤバンパーの下で足先を軽く横に振るだけでテールゲートゲートの自動開閉ができる「ハンズフリー・パワー・テールゲート」、マッサージ機能付きシートなどがオプションで用意されています。

RANGE_ROVER_EVOQUE_03

RANGE_ROVER_EVOQUE_09RANGE_ROVER_EVOQUE_08

2016年モデルのレンジローバー・イヴォークの価格帯は469万円〜687万円という設定です。

RANGE_ROVER_EVOQUE_06RANGE_ROVER_EVOQUE_09RANGE_ROVER_EVOQUE_02RANGE_ROVER_EVOQUE_01RANGE_ROVER_EVOQUE_04RANGE_ROVER_EVOQUE_08RANGE_ROVER_EVOQUE_03RANGE_ROVER_EVOQUE_05

(文/塚田勝弘 写真/佐藤靖彦)

【関連記事】

■レンジローバー・イヴォークとディスカバリー・スポーツの走りのテイストに違いはある?
http://clicccar.com/2016/02/18/355103

よりスポーティな顔つきに変身したレンジローバー・イヴォークの2016年モデル(http://clicccar.com/2016/02/29/355093/)