冷た〜い手足もぽっかぽか♥冷えを解消する10の方法

写真拡大

寒かった冬ももうすぐ終わり… と安心している冷え性のあなた。春目前のこんな時期こそ、油断大敵ですよ。体の芯から温まるドリンクやしょうがをきかせたスイーツ、お風呂でのヨガなどなど、冷え取り達人の温活(体温め活動)アイデアをマネして、冬疲れとさよならしましょう。



元の記事を見る

食べて&飲んで冷えを撃退!体の中から温まるレシピ

■ ジンジャークッキーでしょうがのタルト

たっぷり入れたおろししょうががあとから効いてくる大人味のタルト。ベースもジンジャークッキーで作って、しょうが効果をダブルでゲット。火も使わない簡単レシピなので、気負わずささっと作れるのもうれしいですね。

■ 冷えに効果!ホットヨーグルトがすごい♡

え、温めていいの?という感じですが、ヨーグルトの効果は、人肌くらいの温度でいただいたときが一番発揮されるのだそう。腸の環境が整うと血行や新陳代謝も良くなって、冷えには効果テキメン!ホットヨーグルトドリンクや、ヨーグルトトーストなどなど、バリエーション豊かに毎日続けられれば最強です。

■ 冬はHOT でスムージー

ホットスムージーといっても、いつものスムージーをレンジでチンするだけ。とはいえやはりホット向きのレシピもあります。かぼちゃ、豆乳、ハチミツまたはメイプルシロップのスムージーは、おいしそうなオレンジ色で、見た目もあたたか。体の芯からぽかぽかになるドリンクで、朝から気合いを入れて行きましょう!

■ 簡単♪しょうがシロップの作り方

たくさんのしょうがをコトコト煮込んで作る自家製シロップ。このシロップさえあれば、毎朝おいしいジンジャーティーが楽しめます。この一杯のおかげで冷え知らず、朝からパワフルに動けるようになるそうなので、これはやってみないと!

■ クコの実茶でおいしく冷え性改善!

美容&健康愛好家注目の食材、クコの実(ゴジベリー)、ご存じですか? よく杏仁豆腐にのっている赤い木の実です。この小さな赤い実が、血行を良くし、冷えとりや美肌づくりにも優れた効果を発揮。しょうがといっしょにローズヒップティーに入れて、午後のお茶を楽しんでください。

あったかぬくぬく〜♥もう手放せない!冷えとりグッズ

■ 穴あき靴下でレッグウォーマー

先端ばかりがダメになる靴下。なら思い切ってそこだけ切り取ってレッグウォーマーに!切り取った下の端の部分にゴムを入れたり、そのままくしゅくしゅにしてはいてもかわいいです。意外と冷たい子どもの足にもかっこよくはかせてあげてください!

■ その日のうちに完成!ぽっかぽか靴下

えー、編み物!?と腰が引けてしまったというあなたも、この編み方なら大丈夫。ウールの極太毛糸とかぎ針で、一日で編めちゃいます。ぶきっちょさんでも簡単。で、出来上がりの見栄えもよくて、あったか♡ 好きな色の毛糸で楽しみながら作ってくださいね。

■ 子どもの服をリサイクル。いやされ枕でほっかほか

小さくなった子どもの服を再利用して作った、かわいいカバーの中身は簡単ゆたんぽ。ぬいぐるみなどで作ってもいいかもしれません。それにしてもこんなに簡単にゆたんぽがわりが作れるなんて、このテクニックは、旅先などで急に寒くなったときにも重宝しますね。

他にもいろいろ!血行を促して温活しましょ♪

■ 意外なところに温めのツボが!

寒くて体が縮こまる冬、そんな冬こそ血行をよくするためのストレッチがおすすめなのですが、ほんっとに寒いと動くのもいやですよね… そんなときは、耳をぐるぐる回すだけ、頭をモミモミするだけで、体の中からほかほかになる簡単マッサージがおすすめ。バス待ちの間に、子どもの外遊びの付き添い中に、すぐにできるのがうれしい♡

■ お風呂ヨガで、なまった体をメンテナンス

お風呂の中なら寒くない!ということで、運動嫌いの人でもやる気の出てくるお風呂ヨガ!しかも、数え歌までできているとは準備良すぎ!この歌を思い出しながら動けばやり忘れもなし!ほかほか効果のある入浴剤を入れたお風呂ならさらに効果が期待できますね。

達人の温活アイディアいかがでしたか?簡単に取り入れるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。徐々に日も長くなって、春はもうすぐそこまで!いまのうちに冷えを撃退して、すっきりした体で春を迎えましょう♪

まとめ/伊波裕子