29日、中国のインターネット上で、日本で撮影されたある動画が大きな話題を呼んでいる。写真は跳び箱。

写真拡大

2016年2月29日、中国のインターネット上で、日本で撮影されたある動画が大きな話題を呼んでいる。

動画では、幼稚園児とみられる男の子が10段の跳び箱を跳ぼうとする様子が映っている。園児や先生、父兄から応援の声の中で何度もチャレンジするが、跳び越えることができず、男の子は泣き出してしまう。すると、先生の呼びかけでほかの園児たちが男の子を中心に円陣をつくり、「できる!できる!できる!」と励ます。円陣が解け、男の子が意を決したように跳び箱へ向かって突進してジャンプすると、両足は跳び箱を超えて見事に成功。大歓声が上がった。

この動画は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)や中国のポータルサイト・網易などに転載されたほか、中国の各メディアでも取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。

ネットユーザーからは、「あきらめない精神が素晴らしい」「跳べたとき、思わず拍手しちゃった!」「誰一人として笑わず、励まし続ける。これが重要なんだ」「この民族を恨んでもいいが、敬服しないわけにはいくまい」「涙が出てきちゃった。中学生の時、跳び箱を跳べない女の子が泣いてるのを見て、あざ笑っていた自分が恥ずかしい」「自分の子どもにも、こういう雰囲気の中で成長させてやりたいと思う」「なんでかな。日本が好きになったよ」など、絶賛するコメントが数多く寄せられている。中には、「100年経っても追いつけない」「日本ともう一度戦っても、やはり負けるだろう」「これが差だ。釣魚島(尖閣諸島)はもう日本にあげちゃおう」といったコメントも見られる。

中国のメディアやネットでは、日本の幼少期からの教育を手本とすべきという考えが強く、関連の情報がたびたび伝えられている。(翻訳・編集/北田)