27日、財新網は記事「全国“両会”が来週に開幕=48人が代表から消える」を掲載した。3000人近い全国人民代表大会代表が北京に集まるが、実は昨年から48人が減少している。写真は両会の議場となる人民大会堂。

写真拡大

2016年2月27日、財新網は記事「全国“両会”が来週に開幕=48人が代表から消える」を掲載した。

【その他の写真】

来週から年に1度の両会(全国人民代表大会、全国政治協商会議の総称。日本の国会に相当)が開催される。3000人近い全国人民代表大会代表が北京に集まるが、実は昨年から48人が減少している。

その48人の内訳はどうなっているのか。9人が死亡。そして6人が汚職など違法行為・党紀違反の問題で罷免された。33人がやはり違法行為・党紀違反の問題で辞職している。罷免された者には元河北省委書記の周本順(ジョウ・ベンシュン)などの大物も含まれている。(翻訳・編集/増田聡太郎)