GDPのマイナス成長、実体経済に反映されないアベノミクス景気、4年連続で下がった実質賃金、金融業界を混乱させるマイナス金利……など日本経済を「悲観論」が覆っている。しかし、そうした指標を認めながらも著名投資銀行家“ぐっちーさん”こと山口正洋氏は「日本経済こそ世界最強」を唱え続ける。その論拠とは? 稀代の金融のスペシャリストが語った。

「アメリカのシアトルで人気回転寿司チェーンを経営する私の友人、ジェームズの話です。レーンを回る寿司の鮮度管理に頭を悩ませていた彼は、世界的な企業であるマイクロソフトに相談しました。

 同社には、“ICチップをお皿に埋め込んでセンサーでチェックすれば簡単に管理できる”といわれました。ところが、実際にいざこれを製造しようとするとアメリカにはそんな技術力を持つ会社がない。そこで日本の中小企業に頼んだところ、世界初の回転寿司センサーシステムを作り上げたそうです。

 アイデアはアメリカでも、それを具現化する製造業の力は日本の強みそのもの。国内では“日本経済は長く停滞し、少子高齢化で衰退している”と広く語られていますが、外国人はそう思っていません。むしろ日本こそ次の時代を牽引する可能性が高い国だと見ているのです」(山口氏)

 モルガン・スタンレーをはじめ欧米の金融機関を経て、投資銀行家として独立後はM&Aから民事再生、地方振興まで幅広く手がけてきた。近著『上位1%のエリートしか知らない? ニッポン経済 世界最強論!』(東邦出版刊)は10万部を突破するベストセラーとなっている。

 山口氏は、「今の日本経済は世界最強であり、すべての悲観論はまやかしである」と断言する。

 たとえば、昨年末に内閣府が発表した2014年の国民1人当たり名目GDP(国内総生産)。3万6200ドルと前年比6%減で、OECD(経済協力開発機構)加盟の34か国中20位となり、過去最低の順位になった。だが、山口氏は「ドルベースの数字は円安になれば下がるのは当然」と看破する。

「そもそもGDPに含まれる経済生産を生み出す主体は人であり、その能力の高さを示す『人的資本』、これまで構築されてきた効率的なインフラや安全な環境といった『生産資本』など、GDPに現われない資本力で日本は世界一なんです」

 それは「国民一人当たりの総合的な豊かさ」という国連の統計で示すことができる(「総合的な富裕度報告書2012」より)。1位の日本は43万5486ドル。2位のアメリカは38万6351ドル、3位のカナダは33万1919ドルで、4位のノルウェーが32万7621ドル、5位のオーストラリアが28万3810位だった。EUの盟主ともいわれるドイツが6位で21万6115ドルだ。

 詳しく説明すると、会社側が要求した職務内容を理解して遂行する能力や組織の中で円滑な人間関係を維持する能力など、日本人なら当たり前に持っているような「人的資本」は1位。

 時刻通りに運行される鉄道網などのインフラの蓄積である「生産資本」も1位。そこに「天然資本」(石油やガスなどの資源だけでなく、森林、水資源なども含む)を加えて総合的に評価すると、アメリカを上回る世界一なのだ。

 為替レートや人口動態に強い影響を受ける名目GDPでは、本当の国力が測れないことに気づかされるだろう。

「打率と打点だけが良ければいい野球選手とは言い切れないでしょう? チャンスでの強さを示す得点圏打率など、より詳細に見なければ真の評価につながりません」(山口氏)

●やまぐち・まさひろ/1960年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅入社。モルガン・スタンレーなど欧米の金融機関を経て投資会社を設立。「ぐっちーさん」のペンネームでブログやメルマガを中心に活躍中

※週刊ポスト2016年3月11日号