キャンプでは複数の組み合わせやシステムを試してきたが、15年W杯のオーストラリア戦で無失点に抑えた布陣がベースか。相手のパワフルなFWを意識して、SBに近賀を起用するかもしれない。

写真拡大 (全3枚)

 女子日本代表は2月29日、リオ五輪出場を懸けたアジア最終予選の初戦を迎える。今回の最終予選は日本(FIFAランキング4位)のほか、北朝鮮(同6位)、オーストラリア(同9位)、中国(同17位)、韓国(同18位)、ベトナム(同29位)の6か国による、総当たりのリーグ戦で開催。本大会へ進めるのは2か国のみで、ホスト国・日本は上位2枠に入らなければならない。
 
 10日間で5試合をこなす過密日程により、試合ごとに選手を入れ替えて戦う文字通りの「総力戦」を強いられる。初戦を落とせばその後が苦しくなるだけに、佐々木監督は開幕記者会見で「大会で波に乗る意味でも、初戦は最も重要。そこに照準を合わせてきたし、とにかく勝利に尽きる」とオーストラリア戦への意気込みを語っている。
 
 前日練習は冒頭15分のみの公開で情報は少ないが、先述した指揮官の言葉を踏まえれば、大事な初戦にはキャプテンの宮間を筆頭に、現時点でのベストメンバーがスタメンに名を連ねるだろう。
 
 オーストラリアとは過去2年で3度対戦し、2勝1分と相性は良い。引退した澤穂希から背番号「10」を受け継いだ大儀見も「(オーストラリアは)ワールドカップでもアジアでも何度も対戦しているけど、嫌なイメージはない。力を発揮すれば勝てる相手」と自信を覗かせる。
 
 オーストラリアは、15年ワールドカップで3点を挙げたFWキア・サイモンやスピードを武器とするFWリサ・デバンナ、守備的MFのエリス・ケロンドナイト、身長176センチのCBアランナ・ケネディらワールドカップでチームを牽引した選手に、若手を織り交ぜたメンバーになると目される。
 
 日本の選手たちは「オーストラリアはロングボールを蹴って来る」とのイメージを共有しているが、熊谷は「プレスに行けるところは行くし、ラインコントロールで相手FWと駆け引きして、相手の嫌がることをしたい」とチャレンジ&カバーを徹底して守りたいと語る。先に失点することだけは避けたいところだ。
 
 一方の攻撃面では、やはり「つなぐサッカー」が鍵になりそうだ。相手のDF陣が全員身長170センチ以上で、ロングボールやクロスでの勝負は分が悪い。「サイドを変えながら、相手を動かして揺さぶるのが、なでしこの良さになると思う。みんなでボールを動かしながら、ゴールを目指したい」と熊谷が話すように、最終ラインからのビルドアップを起点に、チーム全員で崩す形をいかに出せるか、だ。
 
 前日練習を視察した鈴木大地スポーツ庁長官は、「なでしこジャパンのいないリオは想像できない」との激励を受け、佐々木監督も「我々は必ず五輪の出場権を勝ち獲る。良い準備ができている」と4大会連続5回目の五輪出場権獲得を力強く宣言している。
 
 いよいよ五輪出場を懸けた厳しい戦いが幕を開けようとしている。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
 
 
【リオ五輪アジア最終予選スケジュール】
2月29日(月):第1戦・オーストラリア戦(キンチョウスタジアム)
3月2日(水):第2戦・韓国戦(キンチョウスタジアム)
3月4日(金):第3戦・中国戦(キンチョウスタジアム)
3月7日(月):第4戦・ベトナム戦(キンチョウスタジアム)
3月9日(水):第5戦・北朝鮮戦(キンチョウスタジアム)
※試合はいずれも19時35分キックオフ。