27日、中国新聞網は記事「“おもてなしの都市”イメージ再構築へ、香港政府が8400万香港ドル予算」を掲載した。雨傘革命や中国本土観光客に対する抗議運動の影響で、香港を訪れる中国本土観光客は減少している。写真は香港。

写真拡大

2016年2月27日、中国新聞網は記事「“おもてなしの都市”イメージ再構築へ、香港政府が8400万香港ドル予算」を掲載した。

【その他の写真】

香港紙・大公報によると、香港商務・経済発展局は26日、予算案発表会を開催した。旅客招致CMの制作費など観光地・香港のイメージ構築に8400万香港ドル(約12億3000万円)が計上された。テレビやデジタルメディア、SNSに掲載される。

雨傘革命や中国本土観光客に対する抗議運動の影響で、香港を訪れる中国本土観光客は減少。また香港のイメージも低下している。広告を通じて負のイメージを払拭する狙いだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)