27日、中国メディアの今日頭条は、日本は実はそれほど小さな国ではないと紹介する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本。

写真拡大

2016年2月27日、中国メディアの今日頭条は、日本は実はそれほど小さな国ではないと紹介する記事を掲載した。

記事では、日本の国土面積は37万7944平方キロメートルで、ヨーロッパではフランスより小さいものの、ドイツや英国よりも大きく、面積だけを見れば日本より大きい国は世界の1/3ほどしかないと指摘。人口についても1億人を超えている国はヨーロッパにはなく、日本の人口1億2700万人は世界10番目であり、オーストラリアの5.5倍にあたるとも伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これは思い上がったバカどもを目覚めさせるいい記事だ」
「これはいい記事だ。中国人の多くが日本は弾丸ほどの小さい国と思っているからな」

「この記事にはいいね!を送ろう。科学的でデータの根拠がある。日本に対しては決して気を許してはならないな」
「こういう科学的知識をもっと普及させて、子孫たちが日本に反撃する備えとしないと」

「確かに日本はよく研究するに値する国だ」
「日本人は何事も真剣で素養が高く、偉人を多く輩出してきたことは争う余地のない事実であり、恐ろしい民族だ」

「日本って本当に奇特な国だよね。歴史的にロシア、中国、米国と戦争をした。勝ち負けはともかく、その肝っ玉だけは100点満点だ」
「日本は韓国よりずっと大きく経済も強いけど、韓国のように調子に乗らず、世界のすべてが自分の物であるかのようには言わない」(翻訳・編集/山中)