自転車「1日520キロ走破」に挑戦の台北市長、28時間半で完走/台湾

写真拡大

(台北 28日 中央社)自転車で台湾本島最北端から最南端までの520キロを24時間以内に走破する企画に挑戦していた柯文哲・台北市長は28日午前10時ごろ、最終目的地の「鵝鑾鼻(ガランピ)灯台」(屏東県)に到着した。完走は果たしたものの、タイムは28時間30分だった。

自転車で「1日台湾縦断」を成し遂げるのが夢だったという柯氏。同日午後、台北市に戻った際、チャレンジの感想を聞かれると「とても辛かった、絶対に二度とやらない」などと語った。今後は自転車を市民の交通手段の一つにするのが目標だという。

柯氏は27日午前5時半ごろ、本島最北端の「富貴角灯台」(新北市)を出発。約19時間が経過した28日午前0時30分ごろに、約380キロ地点にある南部・高雄の永安に到着し、先月挑戦した台北−高雄間380キロ走破の記録(19時間28分)を塗り替えた。序盤は悪天候により遅れが出ていたが、中南部では天気に恵まれた。

午前4時ごろには、最終目的地がある屏東県に入った。疲労のためペースを落としたが、諦めることなく進み続け、目標から約4時間半遅れで完走した。ゴールでは集まった市民が柯氏を迎えた。

(劉建邦、黄麗芸/編集:杉野浩司)