27日、男子高校生同士の恋愛を描いたドラマが話題の中国で、今度は「GL(ガールズラブ)」ドラマが登場。刺激がさらにパワーアップしたと注目されている。

写真拡大

2016年2月27日、男子高校生同士の恋愛を描いたドラマが話題の中国で、今度は「GL(ガールズラブ)」ドラマが登場。刺激がさらにパワーアップしたと注目されている。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

中国ではこのほど、男子高校生のボーイズラブを描くウェブドラマ「Addicted」(上●=やまいだれに「隠」)が登場し、これまでにないテーマだけに人気が爆発。しかし、残念ながらメディアを統括する国家新聞出版広電総局(広電総局)の手が入り、すでに動画配信サイトから一斉に姿を消している。

しかし、意気消沈したネットユーザーたちを再び興奮させるドラマが、新たに登場した。それが今月25日から配信スタートした「錯了性別不錯愛」で、こちらは女性カップルを描くガールズラブもの。特に中性的な雰囲気を漂わせる主演女優はルックスがよく、魅力的で、「普通の男性では全然勝ち目がない」と女性ファンを急増させている。

話題の主演女優についてはもともと、香港の俳優エディソン・チャン(陳冠希)によるファッションブランドのショップ店長だったという。女性の恋人と交際4年目であることを、自身の中国版ツイッターで明らかにしている。

「Addicted」と同じく「錯了性別不錯愛」についても、いつネット上から消えるか分からない状況のため、ファンをヒヤヒヤさせている。ネットユーザーの間からは、「まずは広電総局を消去してくれ」といった声も上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)