オーストラリアのマウントパノラマを舞台に行われる「バサースト12時間耐久レース」に、日産GT-Rが昨年に続き参戦しました。昨年はSUPER GTのGT300クラスで活躍する千代勝正選手の活躍で見事総合優勝を収めました。

今年は新たな試みとしてGT-Rの車載映像が公開されています。さらにパソコンではGoogle Chrome、スマートフォンではYouTubeアプリで視聴すると、隠されたギミックも見ることができ、さらに楽しませてくれます!

「隠されたギミック」は、360度動画。

360度動画は、普段見られないドライバーのステアリングさばきや車内なども見ることができ、自分の好きな見方で楽しむことができます。

driver rollcage

カーナンバー”1”を付けたGT-Rは、昨年優勝を遂げた千代勝正選手、人気ゲームのグランツーリスモの世界からレーシングドライバーを育てるGTアカデミー出身のフローリアン・ストラウス選手、そしてこの動画の車載映像に映っているリック・ケリー選手の3人で挑みました。

昨年の活躍から今年の優勝候補と目され、レースでも常に上位を走行、最終ラップまで千代選手がトップを追いかけましたが、惜しくも2位でレースを終えました。とはいえ、今年もGT-Rのポテンシャルや耐久性を証明したレース結果といえるのではないでしょうか?

さらにバージョンアップした2016年モデルへ進化を遂げたGT-Rにも期待したいですね!

動画を見るにはこちら

※この動画は対応ブラウザ・アプリでご覧ください!

(多井駆)

【動画】日産・GT-Rがマウントパノラマを駆け抜ける!(http://clicccar.com/2016/02/28/356592/)