27日、第一子妊娠を発表した中国の女優タン・ウェイについて、出世作で共演した人気アーティストのワン・リーホンが、「ニキビが多かった」と初対面で受けた衝撃を暴露している。写真は「ラスト、コーション」ポスターのワン・リーホン。

写真拡大

2016年2月27日、第一子妊娠を発表した中国の女優タン・ウェイ(湯唯)について、出世作で共演した人気アーティストのワン・リーホン(王力宏)が、「ニキビが多かった」と初対面で受けた衝撃を暴露している。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

映画「ラスト、コーション」などで知られるタン・ウェイが26日、夫で韓国の映画監督キム・テヨンとの間に第一子を授かったことを発表。ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた「ラスト、コーション」は、無名だったタン・ウェイを一躍人気女優にした作品。同作では、台湾の人気アーティストのワン・リーホンと共演している。

タン・ウェイの発表を受けて、ワン・リーホンも中国版ツイッター上で祝福メッセージを公開。さらに、タン・ウェイと初めて会った時の思い出について書き記している。

2人が初めて会ったのは「ラスト、コーション」のオーディションで、タン・ウェイは人目を引く存在ではなかったという。彼女の顔には「ニキビが多かった」と暴露している。出演が決まり、最初の顔合わせの食事会では、会場の外でとんぼ返りをして遊ぶタン・ウェイの姿を見かけた。「もう、とんぼ返りはやってないよね?」と、妊娠したタン・ウェイに向かってメッセージを投げかけている。

2人は昨年の米映画「ブラックハット」でも兄妹役で共演。さらにワン・リーホンもこのほど、オメデタの話題が報じられたばかり。今年2人目の子供が誕生する予定だ。(翻訳・編集/Mathilda)