28日、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンは、中国・太原市(山西省)の唯一の店舗と上海市内の1店舗を閉店する。写真は上海のストア。

写真拡大

2016年2月27日、仏RFI(中国語電子版)によると、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンは28日、中国・太原市(山西省)の唯一の店舗と上海市内の1店舗を閉店する。広州(広東省)、ハルビン(黒竜江省)、ウルムチ(新疆ウイグル自治区)での3店舗に続き、また新たな閉店となる。

上海では、力宝広場店の閉店で、ストアは計4店舗となる。RFIは「中国人の消費パワーの低下が原因だ」と指摘。その上で、「ルイ・ヴィトンのウェブサイトでは中国国内に30店舗以上を見つけることができるが、太原では28日以降、それができなくなる」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)