中国から日本を訪れる旅行客が年々増加しているが、留学生や仕事で日本に来る中国人も少なくない。一定期間日本に滞在する中国人にとって、日本で経済的に生活を維持できるのかどうかは不安な点の1つのようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国から日本を訪れる旅行客が年々増加しているが、留学生や仕事で日本に来る中国人も少なくない。一定期間日本に滞在する中国人にとって、日本で経済的に生活を維持できるのかどうかは不安な点の1つのようだ。

 中国メディアの捜狐は「在日外国人の目に映る日本の物価」と題する記事を掲載し、中国人にとって物価が高いとの印象がある日本の現実を解説した。

 記事は、1人の中国人留学生の体験談を紹介しつつ、東京の衣食住、そして交通費について検証している。この留学生は「自分が1カ月間で使った生活費は中国の3倍、とても驚いた」とする一方、東京でアルバイトをすれば時給1000円はもらえるため、無駄遣いしなければ生活は可能だと論じた。

 まず衣食住のうち、日本と中国の「衣」に関する価格差について、日本のファッションブランドを例に「日本のほうが中国で購入するよりも安い」と紹介。また、中国では古着屋がほとんど存在しないため古着という概念が珍しいようだが、日本では服を安く手に入れる手段があることを紹介した。

 また食に関しては、果物以外の食べ物は中国と同等か、もしくは日本のほうが安いと紹介。日本は食料自給率が低いためか、食べ物の価格は中国のほうが安く感じられる。また中国では果物は非常に安く、スイカやメロンのように日本では比較的高価な果物でも、中国では日本より安価に購入できる。

 続けて「住」について、東京での家賃は中国の大都市に比べれば相対的に非常に安く映るようだ。中国の大都市での家賃が高騰しているためだ。また、交通費については、バスや電車などの公共交通機関が発展しているため日本のほうが安くて便利であると紹介している。しかしタクシーについては中国は非常に安く利用できるため、日本のタクシーは特別高く感じるようだ。

 記事は最後に「日本の給与水準から言えば、日本は生活費が安い国」と経済的には生活しやすい国であると結論づけた。日本国内の状況だけを見ていると、日本の良くない部分だけが目に付くが、中国人の目には日本は安定した住みやすい国に映るようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)