27日、鴻海精密工業の郭台銘会長や人気アーティストのジェイ・チョウなどの有名人が、結婚時あるいは結婚後に夫婦間で交わした愛の約束について、中国時報が伝えている。写真は郭台銘会長夫妻。

写真拡大

2016年2月27日、鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(グオ・タイミン)会長や人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)などの有名人が、結婚時あるいは結婚後に夫婦間で交わした愛の約束について、中国時報が伝えている。

【その他の写真】

シャープ買収問題で注目されているのが、台湾トップ富豪の郭台銘氏。前妻は05年に病気で他界し、現在の夫人である曾馨瑩(デリア・ツェン)さんは2人目。元振付師でダンサーの曾馨瑩さんとは08年に結婚し、1男2女がいる。

2人は結婚時に、もしも離婚する時は、鴻海集団の今後の発展に支障をきたさないよう、曾馨瑩さんに対して「会社の株式を分与しない」と、約束を交わしていると報じられている。

ジェイ・チョウは女性タレントのハンナ(昆凌)と14年夏に入籍し、昨年7月に長女が誕生。出産後、仕事復帰したハンナに対し、撮影では「キスとベッドシーン」「ハグ」「手つなぎ」の3つを禁止している。

香港の俳優ニコラス・ツェー(謝霆鋒)と女優セシリア・チャン(張柏芝)は、5年間の結婚生活を経て、11年に離婚。結婚時に「いかなる理由で離婚するとしても、子供は妻が引き取る」と約束していたため、離婚時に養育権を争うことなく、息子2人はセシリアが引き取っている。

昨年1月に入籍したのが、台湾の俳優ニッキー・ウー(呉奇隆)と中国の女優リウ・シーシー(劉詩詩)。2人が暮らす家からそれほど遠くない距離で仕事をする時は、たとえ1〜2時間かけても自宅へ戻り、外泊しないことを結婚前に取り決めている。(翻訳・編集/Mathilda)