大人のピーナッツバターは千葉県九十九里でつくられる

写真拡大 (全10枚)

大好きな場所で、大好きな仲間と、大好きなピーナッツを、世界中の誰にも負けないクオリティで届ける。



そんな思いを持った仲間が集まってできたのが「Happy Nuts Day」。




彼らが心を込めてつくっているのは、千葉県産の落花生と九十九里産の海塩、北海道産のてんさい糖のみという国産原料にこだわったピーナッツバター。



原料の落花生は、地元の落花生専門の焙煎職人さんと、試行錯誤を繰り返して生みだされました。





落花生そのもののコクと香り、甘味を味わえるピーナッツバターは、「粒あり」と「粒なし」があります。お好みや料理に合わせて使い分けてもいいですね。

購入は、公式サイトやこちらから可能です。取り扱っている実店舗は公式サイトをご確認ください。




厚切りのトーストに塗ってサクサクほくほく。甘さとコクが口の中にふわっと広がって、思わず笑顔がこぼれてしまいそう。

[HAPPY NUTS DAY]
HAPPY NUTS DAY ピーナッツバター [Abby Life]

画像提供:HAPPY NUTS DAY/Abby Life