撮影:小林裕和

写真拡大

悪魔級ドS男子と優しい王子様男子に振り回されるちょっと刺激的なエロキュンラブストーリー『黒崎くんの言いなりになんてならない』。「別冊フレンド」で連載中の人気漫画が実写化。

【動画】映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』超エロキュン予告編を見る

昨年2015年12月22日、23日に2夜連続スペシャルドラマを日本テレビ系で放送し、今年2月27日より映画が全国公開しました。

超ドSの黒悪魔・黒崎晴人をSexy Zoneの中島健人さん、黒崎の幼なじみで優しい国民的彼氏の白王子・白河タクミを千葉雄大さんが演じます。

そんな2人のイケメン男子に振り回されるヒロイン・赤羽由宇を演じるのは小松菜奈さん。

顎クイ、壁ドン、床ドン。 キスなんて軽すぎるくらい、ちょっと過激なエロキュン恋ワザでドS男子にヒロインが迫られる本作。ここ数年、女性向け恋愛作品はドS男子がすごく増えている気がします。

小松さんはクロとシロどちら派なのか、さらに中島さんと千葉さんの本編とは違う2人の関係など、気になるお話を伺いました!

ーー本作の出演が決まった時の感想をお聞かせください。

小松:この作品をやるって決まった時に、はじめて原作を読んだんですが、すごくタイトルにインパクトがあるなと思って。

見ていて恥ずかしくなってしまうくらい、こんなにキュンキュンするマンガは初めてだったので衝撃をうけました。

――由宇を演じるときに、こうやって演じてみたいな、と感じた点はありましたか?

小松:2人の男の子にこうやって翻弄される役は初めてだったので、正直、赤羽由宇をどう演じていこうかっていうのはあって。

私は最初2人ともにドキドキしていたんですけど、そうなるとメリハリがなくて、どっちも同じ対応だとなんか違うねって話になりました。

監督さんや周りの人と話した時に、クロ(黒崎晴人)に対しては上から見るというか小学生みたいに扱って、シロ(白河タクミ)に対してはドキドキしてる乙女な感じのほうがメリハリがつくし見ていて面白いと言われたので、それを聞いた時に想像というか、こういうキャラなんだな、というのが明確になって。

現場に入ってからは他の人たちも撮影に合わせてキャラをちゃんと固めてきているので、すごく活き活きとできました。

ドS男子には素直に従えない、けれどクロが好き?

――ひとりの女の子として、由宇のことをどう思いますか?

小松:現実にはない状況だと思いますが(笑)、由宇は黒崎がする命令に嫌だなという顔をしてるんですけど、結局やるし、素直に聞く。見てないところで反抗はするんですけど、すごく素直でピュアなところが彼女の魅力なんだな、と思います。

――実際に小松さんが由宇の状況になったら素直になれますか?

小松:いや、(素直に)なれないと思います(笑)。

――どうすると思いますか?

小松:たぶん……無視(笑)。やるけど途中で終わらすとか、反抗があると思います。

――小松さんは普段、黒崎がするように奴隷みたいに扱われることはないと思うので、演じる上で気持ちの整理が大変だったなどありませんでしたか?

小松:いや、そんなになかったですね。みんなぶっ飛んでる役なので。監督とも最初話した時に「由宇はドMだから」と言われて(笑)。けっこうドMとドSのキャラが多い世界なので、割りと平気でした。

――小松さんくらいの年齢の女の子たちは、黒崎のようなドSな俺様男子に迫られたい願望はあるんでしょうか?

小松:でも、女の子たちはやっぱりクロみたいな人が好きなのかなって思います。

――周りの同世代のお友達はどうですか?

小松:あ〜、けっこう半分に分かれてるかも。

シロの優しくてちょっと何考えてるかわからないところが好きっていう人と、クロみたいないじわるでドSな、でもそこにちゃんと優しさがある、わかりやすい男の子がいいっていう人もいて、どっちもいて半々だなって思います。

――小松さん自身はどちらのタイプがいいですか?

小松:私自身だと、黒崎かなって思います。

――え!無視するってさっきおっしゃっていたのに!

小松:そうですね(笑)。

でも、由宇を演じているとすごいクロがいじわるなので、よりシロが優しいなぁって天使に見えて、演じているときはシロのほうがいいな、って思ったんですけど。

個人的にはクロのほうが見ていてわかりやすくて、かわいいなってなります。

――あとすごくキスシーンが多かったり、お風呂のシーンがあったりと度胸が必要なんじゃないかな、と思うシーンも多かったですが、大変な部分はありませんでしたか?

小松:最初は緊張しましたが、現場自体がすごく明るくて。

休憩中は役に入っていないので、みんなで他愛もない話をしていると緊張がほぐれてきて、そんなに大変だなと思うことはなかったです。

現場もわきあいあいとやっていたので、けっこう毎日撮影はあったんですけど、「やだな、行きたくないな」とかはなくて、むしろ「早く行きたい」という感じでした。

――由宇は昔の自分から変わりたいと思って努力しますが、小松さんが変わりたいと思う部分があれば聞かせてください。

小松:(作中で由宇も目標の1つに掲げていた)下を向かないというのは今の自分にあっている目標というか、割とネガティブだったりするんです。昔から前に出るのが苦手で恥ずかしがり屋なんですよ。

こういう仕事していると、学園祭とかでも前に出させられることが多くて、でも私はすごく嫌だったんです(笑)。

裏で大道具とか作る裏方のほうが好きで。今でも恥ずかしがり屋なんですけど、そういうのを克服したいし、人見知りも克服したいです。

――それなのに今モデルや女優など人の前に立つお仕事をされているんですね。

小松:そうですね。

でも女優業を始めてからは徐々に人見知りを克服しようと思っています。

やっぱり自分で壁を作っちゃうと周りの人も話しづらくなったりしちゃうし、そういうのを考えると人見知りってあまり良いことがないというか。

こういうお仕事だと作品ごとに初めましての人が多いので、気をつけるようにはしています。

――中島さんと千葉さんに対しては人見知りは発動しなかったんですか?

小松:最初の時は3人とも別々にごはんを食べたりしていました。

3人一緒のシーンで他愛もない話をして仲良くなって、毎日一緒に撮影していたので、だんだん素も見せてくれたりイメージも変わったりする部分もあったので、すごく仲良くさせていただきました。

クールなクロが実は……中島健人は千葉雄大にデレデレ!?

――現場で中島さんや千葉さんのクロやシロっぽいと思ったエピソードはありますか?

小松:演じているときも私は2人ともそれぞれのキャラにピッタリだと感じていて。

千葉さんはシロって感じだし、中島さんも普通なんですけど、私の中ではもうクロって感じなので、一緒に取材を受けた時に「中島さんはそんなイメージないから意外だね」と言われていて、え〜、そうなんだと思って。

でも千葉さんはたまに、黒そうだな、と思うような笑顔を見せたりするんですよ(笑)。

黒崎という感じではなく、中が“黒そう”みたいな(笑)。

最初はすごいほわほわしているイメージだったんですけど、現場に入ってみると、無茶ぶりとかなんでもやってくれて、すごい面白い優しい方でイメージがガラッと変わりました。

――撮影中の面白かったエピソードは?

小松:顎クイは本当に毎日撮影であったので、慣れちゃいけないのに慣れてきちゃって。

もう手が顎の方にくると、自分でこう顎を上げてしまったりとか(笑)。

あと壁ドンとかやり合いました(笑)。

みんな勝手に逆のキャラをやってみたりとか、千葉さんに壁ドンしたりとか。

そしたら千葉さんが、「うれしい!意外とドキッとするね。いっつも自分がやる側でわかんないから」とか言ってて面白かったです。

――現場で中島さんと千葉さんの微笑ましい場面などありましたか?

小松:2人ともすごく仲良しで、中島さんが千葉さんにベタベタする感じだったんです。

――意外ですね!

小松:(中島さんは)ちょっとデレデレしていて、2人で肩組みながら話していたりとか、なんか(自分が)取り残されている感がありました(笑)。

2人がすごい仲が良すぎて、楽しそうだなと思いながら見てました。

胸キュン質問4連発!

――小松さんがプライベートでされたら嬉しい胸キュンしぐさなどありますか?

小松:しぐさというより、笑顔だったりとか。真剣な顔はクールなのに、笑ったらすんごいかわいいんだな、とかのギャップですかね。

映画でバスケをしているシーンがあるんですが、中島さんと千葉さんはバスケをしたことがないからオフの日でも練習をしていたらしくて、その練習は私は見ていなかったんですけど、すごい頑張っていてうまくなっていってるんだよっていうのは聞いていて、本番の時に初めて見たんです。

本当に真剣な姿とか汗をかいている姿ってキラキラしてかっこ良くみえて。

カッコイイだろって思ってやるしぐさとかよりは、そういう自然な考えてないところからくるかっこよさのほうがキュンとしますね。

――一番キュンとしたシーンはどこですか?

小松:バスケのシーンがすごく良かったですね。

頑張る姿とか、いつも命令してくる黒崎とはちょっと違った表情だったり2人の友情関係とかも見えて、すごく私的にはいいな、と感じたシーンです。

――撮影現場で中島さんにキュンとしたポイントは?

小松:中島さんがピアノの練習をしている後ろ姿をみていたんですけど、凄いうまいんですよ。

それでカッコイイなって思いましたね。ピアノを弾けるって凄いじゃないですか、男の子で。

でもすっごいうまく弾いていたので「おおっ」てなりました。

――キュンとした、意外なドッキリシーンは?

小松:台本をもらった時に、最後の終わり方が意外で驚きました。

最後のシーンのときに、監督に台本にはない部分を「アドリブでやってみて。相談しないでね」って急に言われたので、2人とも「え〜どうしよう」ってテンパっちゃって。

男の人が思っている感じの演出と女子が思う演出が全然違うんだなと思って、「あ〜そうくるか」って思いましたね。女子と男子の考え方が違うなと思いました。

――ありがとうございました!

この最後のシーン、本当に2人の素のリアクションに見えて、とっても自然なシーンに仕上がっています。2人の緊張感も伝わってきて、この裏話を知っている人はさらにドキドキさせられちゃうはず!

筆者は断然やさしいシロ派なのですが、強引にきわどいエロキュン恋ワザを仕掛けてくるクロの普段見せないギャップにクラっとする気持ちもわかります。

ラストにかけて、だんだん変化する2人への印象。観終わったとき、あなたはクロ、シロどちら派になっているでしょうか?