加藤浩次

写真拡大

27日放送の「めちゃ2イケてるッ! 真冬に汗をかきまくれ 国民投票だよ全員集合 全力の生スペシャル」(フジテレビ系)で、加藤浩次が、三中元克の非礼に声を荒げる場面があった。

三中は2010年の「めちゃイケオーディション」で、唯一の素人として合格している。その後、2014年10月からプロレスラーを目指して「みちのくプロレス」に練習生として参加したものの、練習の辛さから逃亡。現在は高校時代の同級生とコンビを組んでお笑い活動をしている。

番組では、そんな三中が、番組残留か卒業かを決定する公開オーディションでネタ見せを行うまでの姿を放送した。「ほんとにあったフジ縛霊の怖い話」のコーナーでは、三中が「みちのくプロレス」に参加してから現在に至るまでの軌跡をVTRで紹介することになった。

しかし、コーナー冒頭で、「みちのくプロレス」所属の新崎人生、のはしたろう、佐々木大地の3人がスタジオに突然姿をみせたのだ。まさかの事態に直面して、三中はその場に座ったまま、気まずそうな顔をみせるだけだ。「ちょっとこっち来るか?」という声をかけられて、ようやく新崎たちのそばに歩み寄る始末である。

そしてVTR終了後、加藤は、三中が先ほど取った態度にダメ出し始める。「みちのくプロレス」を辞めた後、先輩プロレスラーたちと久しぶりの再会となるにもかかわらず、三中からは何のリアクションもなかったというのだ。

加藤は「みちのくのお三方が入られたときに、(三中は)立って挨拶すべきだったと思う」と指摘した上で、「座ったままだったのが、腹立ってしゃあないもん!」と声を荒げる。ナインティナインの岡村隆史もそこに割って入り、三中が自身のドリンクを全部飲んでしまったと暴露する。岡村が「腹立ってしゃあないわ!」と礼儀のなさを訴えるも、三中はだた黙りこくったままだった。

【関連記事】
三中元克の芸人デビューにダイノジ・大地洋輔が喝「覚悟あるの?」
「めちゃイケ」で三中元克に非難集中 メンバーから「本能が避けてる」「嫌い」
加藤浩次がマドンナの2時間遅刻を批判「プロとしてあるまじきですよ!」