定額制動画配信(SVOD)は今年が面白い

写真拡大

 定額制動画配信(SVOD)のNetflixで米人気ドラマ『フルハウス』の続編『フラーハウス』全世界配信が2月26日から始まった。同作は1990年代に繰り返しNHKで放送され楽しんだファンも多いドラマの続編のためか、配信開始から日本語吹き替え版が用意されている。このことからもNetflixが日本市場開拓に期待していることがうかがえるが、同社に限らず、2016年はSVOD事業者による日本向けサービスが充実する年となりそうだ。

 現在、日本でサービス提供されている主なSVODはdTV、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオがあげられる。ここにコンテンツごとに課金のシステムだったGYAO! に新規プランとして追加されたプレミアムGYAO! も加わった。SVOD戦国時代といった様相だが、この時期だからこそ「お試しでもSVODの便利さと面白さを体感するチャンスです」と、『ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える』の著者でジャーナリストの西田宗千佳さんはサービス体験をすすめる。

「いつでも自分の好きなタイミングで、テレビやPCはもちろん、スマホやタブレットを使えば場所も選ばず見られる便利さは、一度味わうと手放しがたいものです。日本ではテレビは無料で見るものと思われていること、世界でもっとも録画機器が普及していることからSVODは浸透しない、テレビ視聴習慣がない若い世代でもお金が発生すると難しいと言われてきました。しかし、アニメ『妖怪ウォッチ』からの視聴収入の多さに、テレビ局の認識も変わっていったのです」

 もともと積極的にネット配信されていたアニメコンテンツだが、それは困難を乗り越えてでもやってくるファン向けサービスだった。しかし『妖怪ウォッチ』は未就学児から小学生が主な視聴者で、しかも繰り返し再生する。より人数が多い一般層がサービス利用を始め、利益になると判明してから、日本のテレビ局はコンテンツを積極的にSVODや見逃し配信サービスで提供するようになった。

「SVODはテレビ局の敵だと思われていましたが、流せば流すほど収益をもたらす可能性があるとわかったのです。そして、視聴者は手軽に見られる手段だと再発見しました。そうやって認識が変わるタイミングでNetflixとAmazonプライムというアメリカの2大サービスが日本進出し、日本市場の競争は激化しています。差別化を図るため各SVODはオリジナルコンテンツ制作に積極的です。今年は日本向けの意欲作が増えるでしょうね」(前出・西田さん)

 又吉直樹の『火花』原作のドラマや、アニメ制作会社プロダクション I.Gと共同で『パーフェクト・ボーンズ』を制作し世界190か国配信などにぎやかな話題が続くNetflixに注目が集まりがちだが、他のSVODでもオリジナルコンテンツは増えている。dTVでは『進撃の巨人』など映画のスピンオフ作品が、Huluでも尾野真千子主演の『フジコ/Fujiko』など地上波放送は難しいような、大胆な表現に踏み込んだ作品が制作されている。

 アメリカでテレビのアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞のドラマ部門では、いまやSVOD事業者制作のドラマがノミネートと受賞の常連だ。今年はNetflix制作の長編が映画館でも公開されたことから、ゴールデングローブ賞の長編映画部門でもノミネートされた。新興IT事業者から次々と評判が高いコンテンツが生み出されるのは、なぜなのか。

「アメリカでもそうですが、地上波のテレビ放送は表現の自主規制がとても多い。一方でSVOD制作作品は、表現方法についてはその都度検討するため結果的に自由度が高い。CMを挟む時間やタイミングをつくる必要がなく、全体の長さも厳しくきめられていないので、例えば一般的なドラマ(テレビ放送向けでは正味43分程度)でも、46分だったり53分だったりと、まちまちです。自由度の高さはクリエーターの表現の幅を広げ、結果として面白いコンテンツが誕生しやすくなっています」(前出・西田さん)

 より品質が高いコンテンツを求めてNetflixとAmazonプライムは制作だけでなく、新作発掘にも熱心だ。毎年1月に開かれるサンダンス映画祭は配給会社の買い付け担当が多く集まることでも有名だが、今年は人種問題を扱った『The Birth of Nation』が史上最高額の1750万ドル(約19億円)でフォックス・サーチライトが落札した。最高額を記録したのは、NetflixとAmazonによる高額提示と買い付けが相次いだからだといわれている。

「SVOD事業者は消費者動向を統計から捉え、効率的な投資をします。そして、そこで良い作品を手に入れるには、お金も惜しまない。映画祭の買い付け金だけでなく、ドラマの製作費用もいまもっとも用意できるのが、豊富な資金力を持つNetflixやAmazonだということです」(前出・西田さん)

 最高額の落札は逃したものの、サンダンス映画祭でAmazonは『Manchester by the Sea』の劇場配給権とストリーミング配信権を1,000万ドル(約12億円)で、Netflixが『Tallulah』のストリーミング配信権を500万ドル(約6億円)で獲得しており、買い付け額の上昇を促している。高額化は完成品の買い付けだけではない。オリジナル作品の制作でも資金力の強さが際立っている。

 マーベルコミックスのヒーロードラマ『デアデビル』4部作シリーズの総予算は3年間で2億ドル(約240億円)で、単純計算すると1話あたり330万ドル(約4億円)かけているといわれる。Amazonはジム・ジャームッシュ、スパイク・リー、テリー・ギリアムら映画監督と契約を結び、ウディ・アレンの新作映画のために1500万ドル(約18億円)で契約したと報じられている。

「高額買い付けに目がいきがちですが、SVOD作品は表現の自由度が高いことも特徴です。地上波のテレビ放送は、アメリカでも自主規制がとても多い。一方でSVODの場合は表現方法についてその都度検討するため弾力的です。表現の幅が広がることで、結果としてクリエイターが面白いコンテンツを生み出しやすくなっています」(前出・西田さん)

 日本向けSVODの制作が活発になる今年は、ドラマや映画の楽しみ方の常識が変わる年になるのかもしれない。