シンガーソングライターの村田和人さんが「がん」で死去

写真拡大

 山下達郎さんプロデュースのスマッシュヒット「一本の音楽」(1983年)などで知られるシンガーソングライターの村田和人さんが、2月22日に亡くなった。享年62だった。

 朝日新聞の訃報記事では「大腸がん」が死因、ネット上では「転移性肝臓がん」と報じられた例も多いが、一方が誤報というわけではない。

 故人の公式ブログに御子息の村田彼方さんが「大腸がんからの転移性肝臓がんにより亡くなりました」と綴られたのが正解だ。

 この三者三様の書き方にこそ、大腸がんの怖さと決して一様ではない広がり方の特徴がよく表れているともいえるだろう。「浸潤」「転移」「播種」の順で説明してみよう。

粘膜を浸潤し、転移していく大腸がん

 われわれの食べ物や便は大腸の内側を通っていくが、大腸がんはその最も表面にある粘膜にまず発生する。当初はその粘膜の表面上に留まるが、徐々に大きさを増すにつれ、粘膜→粘膜下層→筋層→漿膜の順で大腸の壁を食い込んで進んでいく。

 この浸食ぶりが「浸潤」と呼ばれるもの。壁の奥まで深く食い込んだがん細胞はやがて腸の中にある血管やリンパ管にまで入り込み、リンパ節や他の臓器に飛び火していく。

 この飛び火こそが「転移」、がんが悪性の病気とされる最大の理由がこの転移にある。がんは、そもそも発生した場所(=原発巣)でのみ大きくなるに留まらず、他所へ飛び火(=転移)しながら広がっていくもの。この転移先で増殖したがん組織が「転移巣」だ。

 惜しまれながら62歳で亡くなられた村田さんの場合も、原発巣(=大腸)のがん細胞が浸潤を経て肝臓に転移したと訃報からは推測され、その増殖状態は「大腸がんの肝転移(巣)」と呼ばれる。

 ただし、これは通常「肝臓がん」と呼ばれるものとは違う。肝臓にがんがある点では同じでも、そもそも肝臓の細胞から発生したがんではないからだ。あくまでも原発巣は大腸であり、上記のような過程を経ているため、「大腸がん(から)の転移性肝臓がん」とされるわけだ。なので治療もあくまで「大腸がん」として施される。
原発巣から広がる経路も不気味

 原発巣から転移巣への流れ(経路)は大別して3タイプがある。「リンパ行性転移(lymphatic metastasis)」と「血行性転移(hematogenous metastasis)」と「播種(seeding)」のいずれかを辿ってがん細胞は増殖を繰り返していく。

 全身に張り巡らされたリンパ管の要所要所にあるリンパ節は、通常、免疫機能で細菌などの病原体と戦い排除する役目を持つ。しかし、がん細胞に敗れて増殖を許せば「リンパ節転移」が起こり、さらにリンパ管を伝って次のリンパ節へ......。

 これがリンパ行性転移だ。通常は原発巣の最寄りのリンパ節から転移が始まるため、大腸がん手術の場合は発生部位を切除すると同時に周辺のリンパ節も取ってしまうのが通例だ。

 一方、がん細胞が浸潤して壁内の毛細血管に入り込み、血液の流れに便乗して他所の部位へと増殖していくのが「血行性転移」。大腸から流れ出る静脈血はまず肝臓に至る流れから、最も転移の多いのが肝臓(村田さんの例もおそらく)となり、次いで肺という順だ。

 一方、播種は元来「(作物の)種蒔き」の意味だが、医学的にはウイルスやがん細胞などが原発巣から離脱し、体液の流れに乗って体全体に広がったり、他の臓器に転移する様を表わす。

 腸管の壁さえも突き破り、腸の外部まで参上したがん細胞はやがて腹腔(腹中の空間)へ零れ落ち、腹膜上に種を蒔くように広がっていく。

 腹膜は腸や胃をくるむ膜だが、こうなれば「腹膜播種」あるいは「がん性腹膜炎」状態で、お腹全体が侵されてしまう。

 よく耳にする「腹水が溜まる」や「お腹が張る」という苦痛は、播種で増殖するがんが水を出すためのもの。がんが内臓を圧迫するにつれ、食べ物や便の通りもやがて悪化していく。

 こうして広がり方やその経路も多種な大腸がん。故人の死因がなぜ報道ごとで微妙に違うのか、その事情がお分かりいただけたと思う。村田和人さんの御冥福をお祈りしたい。
(文=編集部)