26日、台湾・中時電子報は記事「神経歴!ミルクティー少女は1000億元資産を掌握、Uberに投資」を掲載した。ネットアイドルからとんとん拍子の人生を送る章沢天さんが新たな伝説を打ち立てた。

写真拡大

2016年2月26日、台湾・中時電子報は記事「神経歴!ミルクティー少女は1000億元資産を掌握、Uberに投資」を掲載した。

「ミルクティー少女」をご存知だろうか。かつて中国のネットで爆発的な人気を誇った章沢天(ジャン・ザーティエン)さんの通称だ。章さんは高校生だった2009年、ミルクティーを手にした写真がネットで広がったことで知名度を得てテレビにも出演するほどの人気者に。その後は推薦入試で名門・清華大学に入学。2015年に卒業するとまもなく、中国大手ECサイト「京東網」の創業者である劉強東(リウ・チャンドン)CEOと結婚した。総資産2315億台湾ドル(約7900億円)。19歳年上の大富豪との「年の差玉の輿婚」だ。さらに同年末には妊娠も明らかとなった。

これ以上ないとんとん拍子の人生を歩み続けている章さんだが、その神経歴はまだ終わらない。まだ23歳の彼女だが、早くも劉一家の資産を把握し投資にまで携わっているという。彼女が選んだ投資先は米配車アプリのUber(ウーバー)。賢明にも今、伸び盛りの企業を投資先に選んでいる。

ネットアイドル、名門大学卒業、結婚、妊娠、そして大富豪としての投資。すさまじい勢いで人生を爆走するミルクティー少女のエネルギーにはあぜんとさせられるばかりだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)