“ネトゲで惨敗”20歳自殺未遂、高額装備揃えるも歯が立たず絶望。

写真拡大

オンラインゲームに多額のお金を投入していても、さほど珍しい時代ではないが、中国の20歳の男性は先日、親からもらったお金をすべて費やして高額装備を購入。にも関わらず対戦相手との勝負に惨敗してしまい、失意のどん底に突き落とされ、自殺を図ったという。

中国メディア・紅網などによると、自殺を図ったのは湖南省岳陽市出身の王某。2月22日朝、前日からネットカフェでオンラインゲームで遊んでいた王は、旧正月に母親からもらった7000元(約12万円)以上のお金をすべてゲームの装備品代に投入。万を持して勝負に挑んだものの惨敗という憂き目にあった。

失意のどん底に突き落とされた王は完全に自信を喪失し、ネガティブモードに。「自分には生きる価値がない」と感じた王は、帰宅途中に鉄道線路に横たわり、自殺しようとした。

しかし、いざ列車が近づき、警笛が聞こえてくると恐ろしくなったようで、線路の上で立ち上がり、大手を振って列車を停止させたそう。そのとき、列車は王の30メートル手前にまで迫っていたという。

その後、鉄道関係者が警察に通報。王は現場から逃走を図るも、警察と“追いかけっこ”を繰り広げた後、御用となったそうだ。

王は両親が小さいころに離婚し、現在は父親と二人暮し。中学校中退後、仕事についたもののうまくいかず、以来、父にも、離れて暮らす母にもお金を無心し、ネットカフェでゲーム三昧の日々を送っていたという。