テープカットする陳菊・高雄市長(左3)

写真拡大

(高雄 27日 中央社)三菱東京UFJ銀行は25日、南部の高雄市に台北支店高雄出張所を開設した。同銀行の台湾での拠点としては、1993年開業の台北支店に続く2カ所目で、個人向けではなく法人向けの金融サービスを提供する。

開所式でテープカットした同市の陳菊市長は、日本からは昨年まで計194社が進出し、投資金額が各国・地域最多の323億台湾元(約1105億円)に達していると述べた。

また、市は、今後も日本企業の最大の後ろ盾として投資環境の改善に取り組んでいくとし、三菱東京UFJの出張所開設をきっかけに、より多くの日本企業が来るよう期待を示した。

日本のメガバンクのうち、みずほ銀行も高雄に拠点を持っている。

(程啓峰/編集:羅友辰)