26日、中国福建省福州市の路上で、バイクに乗った女性が男に襲われたが、誰も助けなかったことが物議を醸した。

写真拡大

2016年2月26日、中国福建省福州市の路上で、バイクに乗った女性が男に襲われたが、誰も助けなかったことが物議を醸した。福州日報が伝えた。

被害者女性によると、23日午後8時ごろ(現地時間)、電話を使うために一旦停車し再び出発しようとした際、男が近寄り女性の背後から抱き付いた。いくらもがいても男は離そうとせず、「好きになっちゃった。友だちになろうよ」と話しかけてきたという。

女性は通行人に助けを求めたが、何人も通るなか1人も助けようとしなかった。しばらくすると、男性4人組が傘を差して歩いて来るのを見つけ、女性は再び助けを求めた。すると、男は怖くなったのか手を緩め、そのすきに女性は走って逃げた。女性は周りに助けを求めたが、結局救いの手が差し伸べられることはなく、ネットでは通行人に対し「冷酷」「なぜ通報もしない」などと怒りの声が多く寄せられた。(翻訳・編集/内山)