先日、「クルマの運転前に猫を確認! 日産が「#猫バンバンプロジェクト」開始」という記事を書かせていただきました。

「#猫バンバンプロジェクト」は、大きな話題となっており、特に2月22日は猫の日というのもあって、大いに盛り上がったそうです。

■2月22日は一斉調査を実施

猫の日でもある2月22日は、日産公式Twitterの呼びかけで「#全国一斉猫バンバン調査」を実施。多くの人がつぶやいたり、なかには「ステッカーを広めています」との声も。多くの人が関心を示し、さらなる知名度の拡散にも繋がりました。

■#猫バンバン PROJECT MOVIEを作成

動画を見るにはこちら

このプロジェクトに賛同された多くの人から猫に関する動画が集められ、日産が”#猫バンバン PROJECT MOVIE”を作成。公開から約10日間で75万回以上の再生がされています。

外国の人にも意味がわかるように英語表記で”#KnockKnockCats”と記載されてあり、実際にYou Tubeには国外からのコメントが多く寄せられています。日本だけに留まらず、世界にまで広まるなんてすごいことですよね。

■ステッカーの人気が大爆発

“#猫バンバン”の呼びかけのために、日産が作成したオリジナルステッカーの人気がものすごいことになっているとのこと。当初は100枚の配布予定でしたが、1000枚に増刷。

さらには、公式サイトでロゴを無料ダウンロードできるサービスも開始し、どんどんと広がりを見せています。ステッカーが当たらなかった人は、自ら印刷してオリジナルステッカーを作成する人も。

■日産以外の自動車企業も協力

日産が発端となって始まった今回の#猫バンバンプロジェクトですが、ホンダ・スバ・ルボルボ・マツダなどの他の自動車メーカーもこのプロジェクトに賛同し声がけを行っています。ライバル企業同士でありながらも、自動車メーカーが1つになってこのプロジェクトの呼びかけを行っているのは、心温まりますよね。

多くの人の賛同を経て”#猫バンバン プロジェクト”はどんどんと広まっていきます。動物の安全にも繋がるこの取り組みは、ドライバーならぜひとも知っておきたいものですね。

(鈴木 唯)

話題沸騰!まだまだ広がり続ける猫バンバン(http://clicccar.com/2016/02/27/356474/)