26日、中国の大手経済研究所が発表した長者番付「胡潤百富榜(フーゲワーフの富豪ランキング)・北京の富豪101人」で、女優ヴィッキー・チャオ夫婦が初めてランクインした。写真はヴィッキー・チャオ。

写真拡大

2016年2月26日、中国の大手経済研究所が発表した長者番付「胡潤百富榜(フーゲワーフの富豪ランキング)・北京の富豪101人」で、女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)夫婦が初めてランクインした。中国青年網が伝えた。

【その他の写真】

26日、大手の経済研究所「胡潤研究院」が発表したもの。北京で10億ドル(約1140億円)以上の資産を持つ富豪を集めた「胡潤百富榜・北京の富豪101人」では、最新の「胡潤百富榜」で1位になった大連万達集団(ワンダ・グループ)会長の王健林(ワン・ジエンリン)氏がトップに。10億ドル以上の資産を持つ富豪の人数としては、北京が初めてニューヨークを抜き去った。

初めてランクインした顔ぶれの中で、最も注目されるのが実業家のホアン・ヨウロン(黄有龍)氏とヴィッキー・チャオ夫妻だ。2人は14年に大手映画会社の大株主になったほか、昨年は香港でエンタメ企業・雲峰娯楽集団を設立。目覚ましい投資活動を展開しており、特にヴィッキー・チャオは有名な投資家にちなみ、「中国の女性版ウォーレン・バフェット」などと呼ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)