同梱のVRメガネ装着で難易度アップ

写真拡大

バンダイナムコグループで、食玩やフィギュア、ゲームなどの製造・販売を行うメガハウスは、遊園地アトラクションのようなシューティングゲームを自宅で楽しめる「おばけシューターVR」を2016年3月下旬から発売する。

暗い部屋の中で、270度回転するガイコツから壁に映し出されるおばけを、専用シューターで撃ち得点を競い合う。得点はシューターに表示される。また、同梱のVRメガネを装着するとおばけが複数に増え、難易度をあげて楽しむことができる。

ターゲットのおばけは2種類。高速で逃げ回る赤色の「コウモリおばけ」は2発命中で退治でき、得点は3点。「緑色のおばけ」は1発で退治でき、1点。3段階のレベルを選択することにより、おばけのスピードが変化する。命中させるスピードが早いほど高得点となる。

希望小売価格は4980円(税抜)。