26日未明、韓国の仁川港で中国人船員の密入国事件が起こった。韓国では今年に入り仁川空港でベトナム人や中国人による密入国が相次いだほか、仁川港でも船員2人の密入国騒ぎがあり、セキュリティーの不安が指摘されている。写真は仁川港。

写真拡大

2016年2月26日未明、韓国の仁川港で中国人船員の密入国事件が起こった。韓国では今年に入り空の玄関口・仁川空港でベトナム人や中国人による密入国が相次いだほか、仁川港でも船員2人の密入国騒ぎがあり、セキュリティーの不安が指摘されている。韓国・YTNが伝えた。

今回密入国し行方が分からなくなっているのは、中国国籍の30代の男。船で港に入った後、はしごを持ち出して陸上の柵に渡し、柵を乗り越え入国したものとみられているが、肝心の密入国の場面は防犯カメラに収められていないという。現在、仁川中部警察署と出入国管理事務所が男の行方を追っている。

先月、同じ仁川港から密入国したとみられる中国人とベトナム人の船員2人もいまだ行方が判明せず、国内にとどまっているかどうかも分からない状態だ。政府は最近になって関連11機関と仁川港の保安施設に対し合同点検を始めたが、その矢先にまた同じような事件が起こってしまった。

この報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「(与党が成立を目指す)テロ防止法の問題よりも、今あるシステムをちゃんと運用してくれ」
「これもテロ防止法がないからだって言うのかな?」
「密入国も防げずにテロを防止するって?」

「公務員は遊んで食べてるだけということをよく分からせてくれる事件だ」
「中国で何か悪さをしたから密入国したんだろう」
「ニュースにならない例はもっと多いはず」
「担当の公務員をくびにしない限り、こういう事件は続く」

「どれだけ入りやすい国なんだ…。これじゃ北朝鮮のスパイは5万人くらいいてもおかしくない」
「事件が起こってもまったく反省しない」
「まだ寝ぼけてるのか!自分の家に泥棒が入っても目が覚めないだろう!」
「北朝鮮のミサイルより中国人の密入国を止めて」(翻訳・編集/吉金)