26日、日本を訪れる中国人観光客が増加している中で、日本のお菓子が中国メディアや中国のネット上で注目を集めている。写真は成田空港の売店で中国語の紹介文付きで販売される白い恋人。

写真拡大

2016年2月26日、日本を訪れる中国人観光客が増加している中で、日本のお菓子が中国メディアや中国のネット上で注目を集めている。

日本観光庁のデータによると、訪日中国人観光客の実に77.3%が「菓子類」を購入している。これは、中国人が爆買いしていると報じられた「化粧品」(64.2%)や「医薬品」(53%)よりも高い割合だ。

中国メディアも日本の菓子を特集する記事を掲載している。たとえば、ロイズのポテトチップチョコレートについて「ポテトチップとチョコレートの組み合わせは想像できないかもしれないが、一口食べた瞬間にポテトチップの適度な塩気がチョコレートの甘さを引きたてていることに気づくだろう」などと味についてかなり詳しく紹介している。

カルビーの限定商品・じゃがポックルは、日本人にはあまりなじみがないかもしれないが、中国人には絶大な人気を誇る。「世界で最も手に入りづらく、最もおいしいポテトフライ」と紹介されるように、口コミで人気が広まり爆買いする中国人観光客が続出したため、一時、品切れ状態になったほどだ。

記事ではこのほかにも、北海道の定番のお土産・白い恋人や、さまざまな味の種類があるネスレのキットカット、UHA味覚糖のコロロ、神戸フランツの神戸苺トリュフといった商品も取り上げられている。

では、中国人はなぜ日本のお菓子を好むのか。中国で番組の司会などを務める胡文君(フー・ウェンジュン)さんは、先日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「羽田空港で買ったお菓子の誘惑に抵抗できない。以前はお菓子なんて少しも食べなかったのに」と投稿。これに対して、ほかのネットユーザーから「日本のお菓子は食感にこだわっているし、中国のお菓子のように甘すぎない。程よい甘さがくせになるんだよ」とのコメントが寄せられた。日本の菓子メーカーのこだわりが受け入れられているようだ。

また、別のネットユーザーは「日本に行ったら買わずにはいられない人気のお菓子」という書き込みと共に、東京バナナや白い恋人、キットカット、ブラックサンダーなどの写真を掲載しているが、この投稿には「全部食べたい!」「東京バナナと抹茶のキットカットはすごくおいしい」「白い恋人が一番」など、人気の高さをうかがわせるコメントが寄せられている。中国人観光客の増加と共に、今後、日本のお菓子がさらに注目されていくかもしれない。(翻訳・編集/北田)