橋本環奈が天使すぎるヤクザの組長を熱演

写真拡大

橋本環奈主演の映画「セーラー服と機関銃―卒業―」が、2016年3月5日から全国の映画館で公開される。

18歳の高校3年生、星泉(ほし・いずみ)は、弱小ヤクザ「目高組」組長という驚愕の過去を持っていた。組は解散し現在はシャッター商店街で「メダカカフェ」を経営。組長ならぬ「店長」として、また女子高生として普通の日々を送っていた。そんなある日、モデル詐欺に巻き込まれた友人から相談を受けたことをきっかけに、泉の周辺を再び不穏な空気が取り巻きはじめる―。

薬師丸ひろ子主演で1981年に公開された映画の、その後を描いた赤川次郎氏の原作「セーラー服と機関銃・その後 -卒業-」を映画化。今作が映画初主演となる橋本のほか、長谷川博己、安藤政信、大野拓朗、武田鉄矢、伊武雅刀ら実力派キャストが競演する。「婚前特急」「夫婦フーフー日記」の前田弘二監督。