局部切断事件の第3回公判 周到な計画性があったことが浮き彫りに

ざっくり言うと

  • 2015年に男性の局部を切断した被告の第3回公判が26日、開かれた
  • 被告が犯行時にレコーダーを携帯し、状況などを録音していたことが判明した
  • 残忍な犯行の裏に、周到な計画性があったことが浮き彫りになったと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング