「シトロエン」から高級ブランドとして独立した「DS」ブランド。

初めて「DS」ブランドが披露されたのが1年前のジュネーブモーターショーで、今年は「DS 3 PERFORMANCE」と「DS 3 Cabrio PERFORMANCE」がワールドプレミアとなります。

「DS 3 PERFORMANCE」と「DS 3 Cabrio PERFORMANCE」は、「DS」ブランドにふさわしい気品ある雰囲気を醸し出しているだけでなく、快適さや走りに注力。

Bセグメントのコンパクトなボディサイズに、208ps/300Nmというスペックは十分な速さを想像させますが、CO2排出量は125g/kmで高い環境性能(燃費)も両立。

CL 16.001.004

新モデルは1.6Lの「THP S&S」エンジンを搭載し、特別仕様となる6速マニュアル式ギヤボックス(MCM)と、スリップ制御機能のあるトルセンディファレンシャルが採用され、抜群のドライビングとロードホールディングを実現しているそうですから、小粋でしかも速いコンパクトカーとして貴重な存在になりそう。

CL 16.002.005CL 16.002.007

さらに、シャーシとブレーキシステムに特別なセッティングも施されていて、「DS 3 PERFORMANCE」は従来モデルと比べて車体が15mm低く、オーバーハングは通常よりも長く(フロント26mm、リヤ14mm)なっているのも特徴。また、ブレーキディスクはフロントが323mm(特別仕様のキャリパー)、リヤは249mmとなっています。

CL 16.002.001

ほかにもデュアル・テールパイプ、ワイドなウィング、ブラックダイヤモンド18合金使用のタイヤホイール、「DS PERFORMANCE」のカラーリングに見られる、光沢のあるブラックのフロント・ブレーキキャリパーなどでスポーティなスタイリングに仕上げられています。内装もスポーティで、バケットシートや計器類、そしてダッシュボードにも「DS PERFORMANCE」の特徴を表現。

CL 16.002.006

ボディカラーでは、ハッチバックでは6種類(ボディとルーフカラーの組み合わせ)で、「DS 3 PERFORMANCE Cabrio」では4種類の組み合わせを用意。

さらにスポーティな「Black Special」も設定されていて、洗練されたデザインがアップグレードされ、カーボン製の側面デザインと光沢のあるゴールドのルーフ(ハッチバック)をもつブラックのボディが特徴。インテリアは、光沢のあるゴールドのダッシュボードやシフトレバーなどにより質感の向上が図られています。

なお、「DS 3 PERFORMANCE」と「DS 3 Cabrio PERFORMANCE」の発売(欧州)は、2016年4月が予定されているそうです。

CL 16.001.001CL 16.001.004CL 16.002.006CL 16.002.001CL 16.001.002CL 16.002.005CL 16.002.007

(塚田勝弘)

【関連記事】

■シトロエンがジュネーブモーターショーで「SpaceTouer」を世界初公開
http://clicccar.com/2016/02/24/356420/

「DS 3 PERFORMANCE」と「DS 3 Cabrio PERFORMANCE」を初公開【ジュネーブモーターショー16】(http://clicccar.com/2016/02/27/356974/)