25日、韓国社会が抱える「格差」などのさまざまな問題が社会基盤を揺るがしかねない危険水位に達しているとの衝撃的な研究結果が出された。資料写真。

写真拡大

2016年2月25日、韓国・毎日経済によると、韓国社会が抱える「格差」などのさまざまな問題が社会基盤を揺るがしかねない危険水位に達しているとの衝撃的な研究結果が出された。

大統領直属の国民大統合委員会の依頼で、韓国の政治・社会学者5人の研究チームが行った調査の結果報告「韓国型社会葛藤の実態診断」の内容がこのほど明らかになった。これによると、「韓国社会をどんな社会だと思うか」との質問に対し、最多の34.8%の回答は「競争社会」。以下、「両極化社会」(18.4%)、「学力中心社会」(15.5%)、「不信社会」(10.1%)、「腐敗社会」(7.7%)と続いている。

研究陣はこの他モニターへの詳細な調査を通し、韓国社会の葛藤の類型を「不安を超えた脅迫」「競争を超えた苦闘」「格差を超えた断絶」「不満・怒りを超えた怨恨(えんこん)」「不信を超えた反感」などの8つに分類した。その上で、「不安・競争・疲労といった韓国社会に蓄積された葛藤が、諦めや断絶・怨恨・反感などに極端に発展している」とし、「経済力の差による階層間の葛藤が適切に統制されなければ、韓国社会をつぶしかねない水準にまで達する」と警告した。

この調査結果に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「韓国には未来がない。20〜30代は国に嫌気が差して毎年何千人もが国籍を捨てているし、中年は国の不正・腐敗と格差のせいであくせく働いている。そして高齢者の貧困率は世界トップレベルだ」
「今からでもこの社会を改善しようと思うなら、まずは投票をきちんとするべきだ。このままではだんだんひどくなる一方だよ」

「朴槿恵(パク・クネ)大統領はこの報告書に対して弁解をすべき。朴大統領の公約のメーンは福祉の拡大、国民大統合、経済民主化じゃなかったか?」
「結局は政府の福祉政策が失敗したんだ」
「社会がここまでなってしまったのは、裁判官や検事の責任が一番大きい。彼らがいつも持てる者の側に立っているのが問題だ」

「中3の一人息子に、語学を一生懸命勉強してできれば他の国で暮らすように言わねばならない、そんな自分が本当に嫌だ」
「大統領自身が後ろ盾のおかげで大統領になった国だ。当然だよ」
「こんな衝撃的な事実が出されても、大統領はもうずいぶん耳をふさいだままだね」(翻訳・編集/吉金)