「40代で出産」の問題点は妊娠率の低下 流産は2〜3割

ざっくり言うと

  • 出生率が全体的に下がる中、高齢で出産する人の実数は増えている
  • 40代での出産も増加しているが、妊娠率の低下という問題があると筆者
  • 流産は30代後半から増え、40歳で2.5割位、45歳になると3割を超えるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング