土鍋で簡単、ホクホクのお豆さんをつくってみよう

写真拡大 (全4枚)

豆は、料理初心者にはちょっとレベルが高く、面倒なイメージがある材料のひとつ。

圧力鍋がないとできない食材と思われがちな“お豆さん”ですが、実は家にある土鍋で、簡単にふっくらした豆を煮ることができるんです。今回は、そのコツをご紹介します。



上手に煮るためのポイントはふたつ。

1.前日に水に浸すこと
2.土鍋にたっぷりの水で煮ること


たったこれだけなんです。

1.浸水時間がカギ。前日からじっくり水に浸そう





乾燥豆を煮る前に、豆の中心までしっかり浸水するように前日からたっぷりの水に漬けておきましょう。水の量は、豆の体積の約3倍。これで準備完了です。

2.土鍋でふっくらホクホクの豆に





豆は長時間コトコト煮込むイメージがありますが、土鍋を使えば簡単にふっくらした豆が煮上がります。

前日から浸水させていた乾燥豆に、あらたにたっぷりの水を入れます。そして、蓋をして中強火で加熱。沸騰したら弱火にしてさらに煮込みます。15分ほどたったら火を止め、冷めるまで余熱で蒸らします。一度火を止める前に食べてみて、硬ければ煮込む時間を延ばしましょう。

作業はこれだけ。これでほとんどの豆は、ふっくらもちもちになります。時間があるときに、数種類の豆を水煮しておくと便利ですよ。

見た目も鮮やかでかわいらしい“お豆さん”。冷凍庫に補えてあると便利な一品です。お豆の保存方法と、汁物やサラダなどさまざまな活用方については、こちらからご覧ください。

「土鍋」があれば簡単ふっくら。豆の美味しいレシピ[Foodie]