自分でもみみっちいなあと思ってしまうちょっとした節約法

写真拡大

節約をしながら生活をするのは、とても良いことですが、あまりにもやりすぎると、少しケチくさく感じることもあるかもしれませんね。そこで今回は女性のみなさんに、自分でもこれはみみっちいなあと思ってしまうちょっとした節約法について、教えていただきました。

■値引きを狙う

・「スーパーの値引きを狙う」(34歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「値下げ品を待って買う」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「値引きをじっと待つ」(27歳/その他/専門職)

スーパーは時間がくれば、値引き札を貼って行きますよね。これを狙うのはみみっちいといわれるかもしれませんが、夕方以降の買い物の常とう手段と言えるのかもしれません。同じものをより高い値段で買うのはもったいないですよね。

■最後まで使いきる

・「マヨネーズが残り少なくなると半分に切って中身をこそげ取る」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「マヨネーズやケチャップなどを残らず絞り出して使うこと」(23歳/その他/その他)

・「チューブで入っているクリーム類は、ハサミで切り開いて全て使いきる」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

マヨネーズやケチャップを最後まで使い切るのは、みみっちいと思うのかもしれませんが、食事に関してだけでなく、大切なことです。ものを無駄にしないという点では節約よりも大切なことなのではないでしょうか。

■トイレットペーパーの量を減らす

・「トイレットペーパーの巻く回数を一巻き減らす」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「トイレットペーパーを出し過ぎない」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「トイレットペーパーの使う量を減らす」(25歳/医療・福祉/専門職)

トイレットペーパーの量を減らすのは節約の1つですが、そのことによって、単に出費を抑えることができるだけではありません。近年では紙の再生なども重要視されていように、紙の節約は森林保護にも一役かっています。

■ポイントを貯める

・「ポイント5倍の日に買い物に行く」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ポイントがつくお店に必ず行こうとするところ」(30歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「なるべくカード払いにして、ポイントを稼いでいる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

節約ではなくても、ポイントを溜めている人も多いのではないでしょうか。財布の中がポイントカードだらけという人も、少なくないでしょう。店側からしてもリピーターを増やすという目的がありますし、みみっちいいうことはないですよね。

■終わりに

個人的にみみっちいと感じてしまう節約であっても、意外と多くの人が日常的に行っているようなことが多いのではないでしょうか。個人的には出費の節約ということになりますが、ある意味では世の中の無駄をなくすことに繋がっていたりしますから、意外と重要なことかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数210件(21歳〜34歳の働く女性)
※画像はイメージです