いろんなブランドを試しています

写真拡大

新聞の報道によると、カリフォルニアは今がインフルエンザのシーズンまっただ中だそうです。そのわりには、私の周囲で唯一聞いたインフルエンザ患者は、知り合いのママの高校生の息子さん。1週間高熱と関節痛で寝込んで大変だったそうです。とはいえ、米国全体では昨年より患者数が少ないそうで、どうやらワクチンが効いているらしいです。

去年の11月には予防接種を受けた私の家族は、幸い今のところ誰もインフルエンザにかかっていません。しかし次女(5歳)が風邪をもらってきました。高熱も出ず、学校も1日休んだだけですみましたが、咳と鼻水が抜けない抜けない。このままではまた違う風邪にかかってしまうと心配していたところ、友人が「私が使っているアロマオイルが風邪対策に効果があるよ」と教えてくれました。

健康サイトには「風邪、咳、喘息、気管支炎の症状をやわらげる」

彼女がいろんなオイルを効能とともに紹介してくれた中で、「鼻づまりや咳にいい」「今すぐ使い始めたい」ということで、ペパーミントオイルを選びました。加湿器はすでに手元にあったのですが、オイルを入れて拡散してくれる「ディフューザー」は持っていなかったので、こちらもすぐに購入しました。

ペパーミントオイルはアロマセラピーで使用されるオイルの一種で、ハーブ植物のペパーミントからできています。専門ショップでも買えますが、私の場合、お店が近所にないので、もっぱら「アマゾン・ドット・コム」などのオンライン通販で購入しています。湿布薬の独特の匂いはペパーミントの香りに似ていると思いますが、実際に筋肉痛に効くそうです。

注目すべきはやはり「鼻づまりへの効果」でしょう。

子どもたちが風邪をひいて咳や鼻水の症状があるときは、加湿器を使うように小児科医にアドバイスされてはいました。でも症状が悪化したり、就寝中咳き込んで熟睡できていないときは、やはり加湿器では限界があります。「眠らせてあげたい」と、やむをえず「タイレノール」(市販の子ども用風邪薬)をあげていました。

でもできることなら、薬はあまり与えたくない。そういう私には、ペパーミントオイルは心強い味方です。米国で健康に関する著書の多い医師、Dr. Josh Axeが運営する人気のナチュラルヘルス系サイトによるとペパーミントオイルは風邪、咳、喘息、気管支炎の症状をやわらげる、とあります。

毎晩3時間、娘の枕元でディフューザー稼働させたら...

ディフューザーに水をいれ、そこにペパーミントオイルを数滴たらしてスイッチをいれると、ミント独特のツーンとした香りが混じった水蒸気が出てきました。次女の変な咳が続いている間、毎晩3時間ほど、彼女の枕元近くの安定した場所にディフューザーを置いていました。どれぐらいの効能があったかはわかりませんが、夜中、咳き込むことはなくなりました。

その後、娘は何度か別の風邪をもらってきて、鼻をぐずぐずさせ、咳をすることもありました。そのたびに、ペパーミントオイル入りのディフューザーを稼働させ、風邪の悪化を防いできました。その結果、今のところ、周囲に「風邪ひきさん」が増えても娘は悪化させることはありません。ペパーミントオイル様々です(笑)。

ディフューザーも大活躍。アマゾン・ドット・コムの評価を何度も何度も検討した末に私が買ったのは、「数回使ったら中性洗剤で水洗い」と手入れが簡単な品でした。結局2台購入し、1台はリビングで、もう1台は子ども部屋に置いています。ここのところまた乾燥した陽気が続いているので、喉がやられやすく、予防を兼ねてペパーミントオイル入りディフューザーのスイッチをいれています。

効き方には個人差があるでしょうし、必ず風邪を防げるとは言い切れませんが、それでもペパーミントオイルとディフューザーはこの冬、わが家の一番のヒット商品となりそうです。

●筆者プロフィル

北雨利香。南カリフォルニア在住。2児の母。40歳をこえた途端に、定期健康診断で毎回のようにひっかかり、医者にサプリを飲むよう指導される。興味のあることは美容、健康、子供の教育、米国プロスポーツ、米国大統領選挙、ハリウッドゴシップ。