鴻海、偶発債務で買収契約延期  シャープは「適切に開示」と強調

写真拡大

(台北 26日 中央社)鴻海(ホンハイ)精密工業は25日、シャープから24日朝に新たな重要文書を受け取り、「内容を精査する必要があるため、双方が合意に達するまで買収の契約を見合わせる」とシャープ側に伝えたと発表した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版によると、鴻海が受け取った文書は、将来発生する恐れがある総額約3500億円の「偶発債務」のリストだという。鴻海は「できるだけ早く精査を行い、今回の取引が円満な結果になるよう期待している」としている。

これについてシャープは26日、声明を発表し、偶発債務は会計基準に基づき、有価証券報告書、四半期報告書などで適切に開示しており、その他に開示が必要なものはないと強調。また、鴻海との間で、潜在的なリスクを含む経営状況に関する確認作業を行うなど、最終契約に向けて協議しているとした。

同社は25日午前、臨時取締役会を開き、鴻海が提示した支援案の受け入れを全会一致で決めた。一方、鴻海の声明によると、鴻海側は取締役会前にすでに契約の保留をシャープに通知していたという。

(鍾栄峰/編集:杉野浩司)