「渡り鳥」の磁場感覚、哺乳類にも存在すると判明

写真拡大

鳥だけでなく犬や熊など一部のほ乳類も、磁場を知覚できる可能性が示唆されている。鳥と同様に、磁場を感知するとされる青色光受容体「クリプトクロム1a」が網膜に存在することが明らかになったためだ。

「「渡り鳥」の磁場感覚、哺乳類にも存在すると判明」の写真・リンク付きの記事はこちら

渡り鳥など一部の鳥はかなり正確な方向感覚を持っているが、これは彼らが磁場を知覚できるからだと考えられている。その網膜に「クリプトクロム」という青色光受容体が含まれており、その生化学的反応で弱い磁場変異を感知するようだ(日本語版記事)。なお、こうした磁気感覚は、鳥だけでなく、ゴキブリ(日本語版記事)などの昆虫やカメなどにも見られ、ショウジョウバエがクリプトクロムで磁場を感知するという研究も行われている。

このほど、新たな研究により、犬やオオカミ、キツネ、熊、アナグマ、オランウータン、マカクザルなどの哺乳類も、網膜にクリプトクロム1aが存在することが明らかになった。つまり、これらの動物も磁場を知覚する能力を備えている可能性があるということだ。

マックス・プランク研究所が行い、学術誌『Nature』オンライン版の「Scientific Reports」に発表されたこの生物学の研究結果は、さまざまな系統の90種類の哺乳類動物を調査したものだ。

網膜にクリプトクロム1aが存在するからといって、鳥とまったく同じように磁場を知覚できることを意味するものではない。しかし研究チームは、この分子が、多くの鳥と同じ場所(青色光から紫外線までを受容する錐体細胞の外側部分)に存在すると指摘している。鳥の場合は、この分子が磁場によって活性化されるおかげで正確な方向感覚をもつ。

一部の動物では、捕食行動などで、磁場の影響を受けていると見られる徴候もある、と研究チームは述べている。ウシやシカの群れは通常、体を南北方向に向ける傾向があるが、送電線の近くの、低周波磁場が発生している場所では、動物の体の向きがばらばらになるという研究(日本語版記事)も発表されている。

ただし研究チームは、この分子の存在だけが、これらの動物が磁場を知覚できることを示唆しているわけではない、としきりに強調している。この分子は、睡眠に関係する概日リズムを調整するもっと広範な分子群の一部だというのだ。

研究チームは次のように書いている。「磁気感覚の研究では、多くの根本的な疑問がまだ残っている。今後の研究で、青色錐体にあるクリプトクロム1が哺乳類の磁気感覚にも関わっているのか、それともほかの役目を果たしているのかを明らかにする必要がある」

TAG

BiologyDogEyeMagneticSensorsWIRED UK